2015年9月30日水曜日

翻訳記事: 齊力斷金(Chilly)選手インタビュー

 世界大会アジア太平洋地区予選に出場し、10月1日の初戦でKno選手と対戦する台湾の齊力斷金(日本語読み:チーリードアンジン)選手。台湾のe-sportsメディアサイト「Iron Forum」が9月23日に選手の齊力斷金インタビューを掲載していました。以下、おおまかに翻訳してご紹介します。

【選手インタビュー】 台湾の新星 齊力斷金(翻訳:nemuke)

 BlizzConの前哨戦である台湾・香港・マカオ地区予選から一晩たった今、最後は台湾の若いプレイヤーである齊力斷金がトッププレイヤーを倒し、台湾最大のLANイベント「WireForce」で台湾Hearthstone五虎大将軍の1人であるPinpinghoを下して台湾・香港・マカオ地区の覇者となった。多くのプレイヤーはこの若き天才について知らないだろう。では、Iron Forumが皆と一緒に齊力斷金とお喋りしよう!


若き齊力斷金(右)、初めての国際試合に臨む

2015年9月28日月曜日

翻訳記事:台湾代表齊力斷金選手、Pinpingho選手インタビュー

10月1~3日に開催される世界大会アジア太平洋予選。台湾Blizzardの公式サイトで9月19日に台湾代表の齊力斷金(カタカナ発音:チーリードアンジン)選手、Pinpingho選手のインタビュー記事が動画つきで公開されました。ざっくりとした概要だけですが、以下翻訳しましたので掲載します。
※この翻訳の元記事は2015年9月18日に投稿されたものです。日本語として読みやすくするため、意訳や補足を加えていることがあります。

両選手がHearthstoneの心得を語る動画

2015年9月27日日曜日

【特集】カードで世界に挑む東大生―『Hearthstone』日本代表Kno選手インタビュー

nemukeの記事が公開されました。 9/29~10/4には私nemukeも台湾に行って試合の様子をお伝えできればと思いますので、お楽しみに!

2015年9月14日月曜日

世界大会の日本代表決定戦でKno選手が優勝、日本代表として10月2~4日にアジア太平洋地区予選へ


優勝のKno選手(Twitchの配信録画より)
 9月12~13日に秋葉原のe-sports専用施設「e-sports SQUARE AKIHABARA」で開催された世界大会の日本代表決定戦「Japan Sub-Regional Hearthstone Tournament Final」で、勝者側トーナメントのKno選手が敗者側を勝ち上がってきたMyrzaki選手を3-2で下し、優勝しました。

 Kno選手は10月2~4日(金土日)に台湾・台北で行われるアジア太平洋地区予選「2015 Hearthstone World Championship Asia-Pacific Championship」に出場します。

大熱戦の日本代表決定戦

 大会には全国からWCSポイント上位のトッププレイヤー20名が出場し、2日間の大激戦を繰り広げました。その様子は下記の録画で振り返ることができます。

大会録画(Twitch)

会場風景

2015年9月10日木曜日

【特集】『Hearthstone』座談会―新拡張「The Grand Tournament」を日本のトップ選手3人が語る

【特集】『Hearthstone』座談会―新拡張「The Grand Tournament」を日本のトップ選手3人が語るGame*Spark

nemukeの記事が掲載されました。

一般のゲームメディアに攻略系記事を掲載することができ、とてもありがたく思います。 これからもトッププレイヤーの話をまとめられればと思いますので、皆さんぜひ拡散お願いします!

2015年9月8日火曜日

アフリカTV国際学生e-sports選手​権で北米のHarusol選手が優勝、獲得賞金総額が120万円に

 記事にするのが遅れましたが、8月21~23日(金土日)に韓国・ソウルで開催された「アフリカTV国際学生e-sports選手​権(AICC)」本戦にてアメリカ代表の女性プレイヤーHarusol(Yoon Chang)選手が優勝しています。惜しくも日本人のNapic選手はベスト4、yutori選手はベスト8となりました。


優勝のHarusol選手

Harusol選手、獲得賞金総額が120万円を突破

 Harusol選手には賞金として5000ドル(約60万円)が贈られます。これで7月19日のHearthstone国際女子大会と合わせて1万ドル(約120万円)を獲得したことになりました。なおHarusol選手の国籍は韓国ですが、アメリカのコーネル大学出身ということでアメリカで予選を勝ち抜き、アメリカ代表として今大会に出場しています。

最終順位・賞金

  • 優勝:Yoon Chang(北米)・5000ドル
  • 準優勝:Matthew Orgel(北米)・3000ドル(約36万円)
  • ベスト4:Napica(日本)、Zhuang YI QIU(台湾)・1500ドル(約18万円)
  • ベスト8:yutori(日本)、HSU YUNG-TI(台湾)、Bu Gihong(韓国)、Eun Seongho(韓国)・1000ドル(約12万円)


会場風景

大会録画

 今大会のHearthstone部門は3名のプレイヤーによって解説されました。
  • Day 1yottyi4さん解説(Hearthstoneは03:32:25頃から開始)
  • Day 2tredsredさん解説(Hearthstoneは03:20:00頃から開始)
  • Day 3nemuke解説(Hearthstoneは02:31:20頃から開始)

写真・画像転載元

2015年9月7日月曜日

「ゲームは継続率や独自性重視」―ネクソン経営企画室長、熊谷峻平氏に訊く

nemukeの記事が公開されました。 HearthstoneのBlizzardと同じくオンラインゲームの企業ということで、会社理念や運営手法に関するお話がひじょうに興味深かったです。