2015年1月30日金曜日

大会関係者と選手たちが織り成すストーリー。5つの種目の日本一を決定するゲームイベント「Red Bull 5G 2014」観戦レポート(後編)

 2014年12月21日に東京・秋葉原で開かれた5つの種目の日本一を決定するゲームイベント「Red Bull 5G 2014」観戦レポートの後編です。(前編中編
▲試合に臨むぷよぷよテトリスのHBM選手(左)とselva選手(右)

目次

前編記事リンク 中編記事リンク 後編

大会関係者と選手たちが織り成すストーリー。5つの種目の日本一を決定するゲームイベント「Red Bull 5G 2014」観戦レポート(中編)

 2014年12月21日に東京・秋葉原で開かれた5つの種目の日本一を決定するゲームイベント「Red Bull 5G 2014」観戦レポートの中編です。(前編後編
▲グランツーリスモ6ではコックピット式コントローラーを使用

目次

前編記事リンク 中編 後編記事リンク

大会関係者と選手たちが織り成すストーリー。5つの種目の日本一を決定するゲームイベント「Red Bull 5G 2014」観戦レポート(前編)

 「最高の瞬間です」。ぷよぷよテトリスの西側代表、Kamestry選手の勝者インタビューは涙声だった。2年続けてチームを敗北に沈ませてしまったという悔恨から彼はようやく解放されたのだ。まさに3度目の正直で手にした勝利だった。

▲勝者インタビューに答えるKamestry選手(右)

 2014年12月21日に東京・秋葉原のイベントスペース「AKIBA SQUARE」で開かれた「Red Bull 5G 2014」は、東西の予選を勝ち上がってきた5つの種目(ゲーム)の選手たちが東と西の2チームに分かれて雌雄を決する一大ゲームイベントだ。

 そんな大会の熱戦は、しかし会場にいた私にはまるで映画を観ているようだった。「選手たちは皆、1人ひとり異なる人生を歩んできて、それぞれの思いを抱えて大会に臨んでいる」ことが、観戦中にひしひしと伝わってきたからだ。同時に「ゲームで人と対戦できるっていいな」と素直に思った。こんな感覚を持てる大会は今までになかったのではないか。

 以下、レポートを通して今大会の全貌に迫りたいと思う。

目次

前編 中編記事リンク 後編記事リンク

2015年1月29日木曜日

リーサルパズル:ボム・アウェイ!

 海外情報サイト「Hearthstone Players」のYoutubeチャンネルに投稿されたリーサルパズル動画の第3弾です。

Puzzle Time! - Hearthstone - Ep. 3 A-Bombs Away!

パズルの盤面

 盤面を圧倒され、しかもトーントが並ぶ絶望的な局面ですが、相手のトーントがデスラトルで全キャラクターに2点ダメージを与えるAbominationなのが救いです。

 さあ、どうすれば相手の残りヘルス9点を削れるでしょうか。

答え

リーサルパズル:アイ・フィール・イキー!

※タイトルはLeper Gnomeの召喚時ボイス「I feel icky」

 海外情報サイト「Hearthstone Players」のYoutubeチャンネルに投稿されたリーサルパズル動画の第2弾です。

Puzzle Time! - Hearthstone - Ep. 2

パズルの盤面

 こんな状況実際にありえるの? と思ってしまう盤面ですが、ここまで極端じゃなくとも、Leper Gnomeのデスラトルが止めになる局面は時折現れるのではないでしょうか。

 Wild Pyromancerの全体1点ダメージさえなければHand of Protection2枚をLeper Gnomeに使ってConsecrationを撃てばいいのですが、さて、どうすればいいでしょうか。

答え

2015年1月28日水曜日

「1ターン目に出たらゲームが決まるカード」Undertakerが次のパッチでついに弱体化へ

こんな盤面はもう見られなくなります

 アドベンチャーモード「Curse of Naxxramas」開放後、「1ターン目に出たらゲームが決まるカード」として多くのアグロデッキに採用されてきたカードUndertakerが次のパッチでとうとう弱体化されます。

Hearthstoneのコミュニティ・マネージャー、Zeriyah氏のフォーラム投稿からの引用

現在(修正前)のUndertaker
 Goblins vs Gnomesの解放後、多くの試合で新カード使われ始めると共に、我々はゲームバランスの状態に目を光らせていた。そして慎重な検討の末、我々はUndertakerにバランス修正を加えることを決定した。

 以下のバランス修正は次のパッチで適用される:

 Undertakerのテキスト:あなたがデスラトルのミニオンを召喚するたび、+1のアタックを得る。(原文:Whenever you summon a minion with Deathrattle, gain +1 Attack. )

 Undertakerは相手にして苛立たしいカードだった。序盤でほかの低コストミニオンをはるかに上回るアタックとヘルスを持つことがしばしばあったからだ。

 この修正後も、デスラトルのテーマデッキでUndertakerはほかの1マナミニオンよりもまだ強力だと我々は考えているが、しかしほかのミニオンとの戦闘で倒されることも多くなるだろう。

 バランス修正が適応されると、ゴールデンバージョンのUndertakerは一定期間中フルコストでディスエンチャントできるようになる。

 Hearthstoneをより楽しく、駆け引きのあるゲームにするため、あらゆるレベルの対戦で多彩なカードが見られるよう、我々は今後もHearthstoneのバランス修正を続けていくつもりだ。

情報元

Upcoming Balance Change to UndertakerBattle.net

2015年1月27日火曜日

リーサルパズル:Priestのラストチャンス

 今回は海外情報サイト「Hearthstone Players」のYoutubeチャンネルに投稿されたリーサルパズルの動画を紹介します。

Puzzle Time! - Hearthstone - Ep. 1

パズルの盤面

 SilenceSen'jin Shieldmastaのトーントを突破して全ミニオンとGorehowlで殴りたくなりますが、合計12点にしかならず、あと2点足りません。どうすれば14点のダメージを叩き出せるでしょうか。

答え

2015年1月26日月曜日

本日1月26日(月)21時から国内オンライン週間大会 「月光杯#15」 が開催

 本日1月26日(月)21時から国内オンライン週間大会「月光杯」の第15回大会が開催されます。主催者は国内HearthstoneプレイヤーのSleepyCatさん。最大4回戦のBO3(2本先取)トーナメントなので0時前に終わるという参加しやすい時間設定がポイントです。

大会ページ

日時

  • 1月26日(月)21時

フォーマット

  • BO3(2本先取)のシングルイリミネーショントーナメント(Americasサーバー)
  • 2つ以上の異なるHeroを使用するデッキ勝ち抜き方式

参加登録ページ

※開催時間の1時間前からチェックイン開始
※大会支援サイト「CHALLONGE」の登録が必要

 賞金のないゆるい大会ですから、「オンラインで日本人と対戦したい」という方はぜひ参加されてみてはいかがでしょうか。

 1月19日(月)に開催された第14回大会には8名が参加しました。大会ではganen選手がhachidori選手を2-1で下して優勝しています。

第14回大会 最終順位

  • 優勝:ganen
  • 準優勝:hachidori
  • 3-4位:Nyanpasu、yottiy4
  • トーナメント表:月光杯 #14Challonge

2015年1月25日日曜日

「Beast Druid」 Druid of the Fangを使用したレジェンダリー到達デッキ

Beast Druid
 Goblins vs Gnomesで追加されたDruid of the Fangは、場にBeastがいるとき7/7の大蛇に変化する能力を持った5マナのミニオンです。

 5マナ7/7というのはひじょうに強力なステータスではありますが、Druidというクラス自体がBeastのシナジーを多く持ち合わせていないこと、また、5マナにはほかにもSludge BelcherLoathebといった優秀なミニオンが多いことから、主流デッキへの採用は見送られてきました。

 そんなDruid of the Fangを軸にしたデッキでレジェンダリーランク(証明画像)に到達したのが「WTFMEEPONOULTILVL6」というプレイヤーです。

 以下にWTFMEEPONOULTILVL6氏がredditに投稿した記事の内容とコメントの要点をまとめました。

Beast Druid

関連記事

情報元

Hearthstoneの対戦交流会にゲーミングデバイスの紹介! 1月24日(土)秋葉原ラジオ会館10F開催オフラインイベント「GAMERS LEAGUE Boot Camp」

 1月24日(土)にe-sportsメディア・大会運営組織「GAMERS LEAGUE」はオフラインイベント「GAMERS LEAGUE Boot Camp」を秋葉原ラジオ会館10Fイベントスペースで開催しました。

 イベントではHearthstoneの対戦交流会、FPS「Counter-Strike:Global Offensive(CS:GO)」のエキシビジョンマッチ、そしてスポンサー企業各社様によるゲーミングデバイスの紹介と、GAMERS LEAGUEの2015年度の事業が発表され、私nemukeも主にHearthstone対戦交流会の運営として協力しました。

 以下、私nemukeのTwitterの投稿を交えたイベントレポートです。
Hearthstone対戦交流会の様子

目次

2015年1月23日金曜日

Cloud9に所属するStrifeCro選手がミッドレンジPaladinを使い、EUのラダーで33連勝を達成

 Cloud9に所属するアメリカのプロ選手Cong "StrifeCro" Shu氏がEUのラダーで33連勝を達成しました。

 10月21日にBlizzardが発表した統計画像によると、その時点で最多の連勝記録は24連勝。今回のStrife氏の記録はそれを9連勝上回るものとなります。

33連勝中の試合とデッキリスト(Tiwtchの配信録画より)
※デッキリストのPiloted Sky Golemは、実際のプレイではSylvanas Windrunnerに代えられていた。EUのアカウントではPiloted Sky Golemを持っていないからだという

使用デッキと配信録画

2015年1月22日木曜日

冷静なカード選択が必要になるリーサルパズル

 アメリカのトッププレイヤーByron "Reckful" Bernstein氏が配信中に見落としたというリーサルダメージです。Reckful氏自身は「このターンで決められる確率は2分の1だ」と言っていたそうですが、本当にそうでしょうか。

答え

マナと打点の計算が必要になるリーサルパズル

 Tempo Storm所属のプロ選手Andrey "Reynad" Yanyuk氏が配信中に見落としたというリーサルダメージです。

 大成長したShade of Naxxramasを活用したいところですが、相手の盤面の2体のトーントが厄介です。

 手札が大量にあるので何か抜け道がありそうな気がしますが、さて、どうでしょうか。

2015年1月21日水曜日

カード効果の正しい理解が試されるリーサルパズル

 カナダの有名実況配信者Octavian "Kripparrian" Morosan氏が配信中に見落としたというリーサルダメージです。相手のシークレットはExplosive Trapだと確定しています。

 Mechanical YetiHaunted Creeperで本体を攻撃したいところですが、そうするとExplosive Trapでこちらのヘルスがなくなってしまいます。Hero Powerを回復に使ってしまうと打点が足りません。どうすれば相手のヘルスを削りきれるでしょうか。

答え

実戦で盲点になりやすいリーサルダメージ

 今回もredditから簡単な、しかし意外と盲点になりやすいリーサルパズルを紹介します。

 「これはリーサルパズルですよ」と言われればすぐにわかる盤面かもしれません。しかし、実戦の思考時間90秒以内に「この場面でリーサルになっている」と気付くのはなかなか難しいのではないでしょうか。

答え

2015年1月19日月曜日

プロジェクタを使った観戦会も開催! 「第4回ゆるふわHearthstone会」開催レポート

 1月17日(土)に神奈川県・武蔵小杉の市民館「川崎市生涯学習プラザ」で私nemukeは「第4回ゆるふわHearthstone会」を開催しました。以下はそのレポートです。


内部トーナメントをプレイする参加者たち

 午前10時半にオープンした会場には計22名の参加者が集まりました。内部では「ランダムデッキ対決」や「リミテッドトーナメント」、「プロジェクタ使用の観戦会」そして「Hearthstoneクイズ」といった催しが行われ、午後8時までHearthstone漬けの約9時間半を過ごすことができました。

目次

本日1月19日(月)21時から国内オンライン週間大会 「月光杯#14」 が開催

 本日1月19日(月)21時から国内オンライン週間大会「月光杯」の第14回大会が開催されます。主催者は国内HearthstoneプレイヤーのSleepyCatさん。最大4回戦のBO3(3本勝負)トーナメントなので0時前に終わるという参加しやすい時間設定がポイントです。

大会ページ

日時

1月19日(月)21時

フォーマット

  • BO3(3本勝負)のシングルイリミネーショントーナメント(Americasサーバー)
  • 2つ以上の異なるHeroを使用するデッキ勝ち抜き方式

参加登録ページ

※開催時間の1時間前からチェックイン開始
※大会支援サイト「CHALLONGE」の登録が必要

 賞金のないゆるい大会ですから、「オンラインで日本人と対戦したい」という方はぜひ参加されてみてはいかがでしょうか。

2015年1月18日日曜日

1月24日に秋葉原で国内e-sports団体「GAMERS LEAGUE」がオフラインイベント「GAMERS LEAGUE Boot Camp」を開催、nemukeもHearthstoneに運営として参加



 「東京都内でHearthstoneの集まりに参加したかった!」という方々、秋葉原ラジオ会館10階のイベントスペースに集まって一緒に対戦しませんか?

 国内e-sportsメディアであり大会運営組織の「GAMERS LEAGUE」は1月24日(土)、秋葉原でプレイヤー同士の対戦・交流を目的としたオフラインイベント「GAMERS LEAGUE Boot Camp」を開催します。イベントの採用ゲームタイトルはHearthstoneとFPS「Counter-Strike: Global Offensive(CS:GO)」。そのうちHearthstoneの部では「ゆるふわHearthstone会」のような「ゆるい形での対戦交流会」を行う予定で、私nemukeが運営に協力します。

 イベントでは参加者同士が交流を楽しみつつ、突発的にトーナメント等を行い、腕試しもできる場所をご提供できればと思っています。参加者の皆様にはタブレットやノートPCの持込を推奨していますが、現地にはHearthstoneがプレイ可能なPCも用意されていますので、機器を持っていないという方でもプレイ可能です。(なお、普段と違うPCから接続するとバトルネットのアカウントがロックされる恐れがありますので、そのロックを解除するため、アカウント作成時に設定した「秘密の質問の答え」をメモしておいてください。)

Hearthstone対戦会イメージ(第4回ゆるふわHearthstone会の写真)
 皆さんのご参加をお待ちしています!

2015年1月17日土曜日

新年あけましておめでとうございます! 1月17日(土) オフラインイベント「第4回ゆるふわHearthstone会」開催のお知らせ

※この記事はイベントが終了するまでトップに表示されます。

 明けましておめでとうございます!


前回の様子(レポート

 というわけで、1月17日(土)開催のオフラインイベント「第4回ゆるふわHearthstone会」告知ページをアップしました。場所はいつもの川崎市・武蔵小杉の「生涯学習プラザ」です。

 今回は「ゆるふわ」らしく、各自がイベントで自由に過ごせるよう、対戦会を任意参加にしてみました。「自分のペースで参加したい」という方もぜひお越しください。
参加登録ページ:第4回ゆるふわHearthstone会

 Hearthstoneで新年を祝いましょう。今年もよろしくお願いいたします。

2015年1月16日金曜日

「プロとして最善を尽せる状況を整えることが大切」 TempoStormが新たに獲得した女性プレイヤー、Magicamy選手インタビュー和訳




 Liquid HearthのMonk氏が行った、TempoStormの新メンバーであるMagicamy選手のインタビューです。Magicamy選手は2014年12月のESL Legendary SeriesでLifecoach選手を破ったり、今年1月3日にはTrump選手やチームメイトのHyped選手をESL Legendary Seriesで破って予選突破を決めました。

 Hearthstone界ではまだ珍しい女性プレイヤーのMagicamy選手は、自分のチームの加入について、また将来の展望についてどのような考えを持っているのでしょうか。以下、その和訳です。
(訳注:一部のスマイルマークが通常と向きが逆(「 (: 」)になっていますが、これは話し手の特徴として原文をそのまま掲載しています。)

MagicamyがTempo Stormに加入:インタビュー by Monk

2015年1月15日木曜日

リーサルダメージを叩き出す意外な方法




 redditに投稿されていたリーサルダメージのパズルを紹介します。
 盤上とHero Powerの火力を集めても3点足りない…という状況ですが、実は意外な方法でこのターン内にリーサルダメージを叩き出すことができます。

答え

2015年1月14日水曜日

第4回ゆるふわHearthstone会:外部告知一覧

 1月17日(土)に開催予定の「第4回ゆるふわHearthstone会」ですが、今回も多くのサイトで告知させていただきました。

告知サイト一覧

※PTTと巴哈姆特にはKeynesさんに投稿を代行していただきました。ありがとうございます。

 1月14日(水)現在、イベントには11人の参加登録をいただいています。
 参加人数が増えると1人あたりの会場費も安くなりますよ。まだまだ皆さんの参加をお待ちしています。参加登録はこちらから。

オンライン週間大会「月光杯 #13」でLignin選手が優勝、次回は1月19日(月)開催予定

 1月12日(月)に行われたオンライン週間大会「月光杯 #13」においてLignin選手が優勝しました。

最終順位

優勝:Lignin
準優勝:yottiy4
3-4位:norishio826、Yutori

次回開催は1月19日(月)21時

 「月光杯」次回開催は1月19日(月)21時です。
 大会の主催者は国内HearthstoneプレイヤーのSleepyCatさん。最大4回戦のBO3トーナメントなので0時前に終わるという参加しやすい時間設定が特徴です。
 賞金もない比較的ゆるいイベントですから、「日本人との対戦を始めてみたい」という方も、ぜひ参加されてみてはいかがでしょうか。

大会ページ

月光杯/Luna Side Base

日時

1月19日(月)21時

フォーマット

・BO3のシングルイリミネーショントーナメント(Americasサーバー)
・2つ以上の異なるHeroを使用するデッキ勝ち抜き方式

参加登録ページ

月光杯 #14/CHALLONGE
※開催時間の1時間前からチェックイン開始
※大会支援サイト「CHALLONGE」の登録が必要

2015年1月5日月曜日

「Blingtron 3000は壊れカード」 アメリカのレジェンダリーランク1位を獲得したSqlut氏のBlingtron Mage


Blingtron Mage
転載元

 お互いのプレイヤーにランダムの武器を与えるカードBlingtron 3000。「どんなクラスでも武器を使えるようになる」というのは夢がありますが、あまりのランダム性の高さと相手にアドバンテージを与えてしまう問題点から、使用を断念した方も多いのではないでしょうか。

 ところが、そんなBlingtron 3000を活用するデッキが登場しました。ニュージーランドのトッププレイヤーであるJason "Sqlut" Chung氏がアメリカのレジェンダリーランク1位に到達したというBlingtron Mage(右)です。

Sqlut氏のレジェンダリーランク1位達成時のッイート


Sqult氏によるBlingtron Mageのデッキ解説(redditのスレッド和訳)

2015年1月3日土曜日

動画:How it feels to open GvG packs

 パックを開けるときは誰でも期待に胸が膨らみますよね。その瞬間が動画になりました。
How it feels to open GvG packs: Hearthstone


 ちなみにオリジナルはこちら。「この動画を見てHearthstoneを知った」というプレイヤーもいたようです。
How it feels to open packs: Hearthstone


情報元

2015年1月2日金曜日

レビュー:アメリカの玩具メーカー「Funko」製作Warcraft関連フィギュア Artahs、Murloc、Illidan


アメリカの玩具メーカー「Funko」製作のWarcraft関連フィギュア。左からArthas、Murloc、Illidan。

ゆるふわHearthstone会に持っていくマスコットがまた増えました。