2013年10月30日水曜日

内田 和成『仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法』 東洋経済新報社、2006

内田 和成『仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法』 東洋経済新報社、2006

世界的なコンサルティング会社であるBCG(ボストン・コンサルタント・グループ)の現シニア・アドバイザーの内田和成さんの本。
本書に興味を持ったのは以前父に紹介され、4月の台湾旅行中に読んだ同じく内田和成さんの『プロの知的生産の技術』がきっかけ。
内容が「いかにして"作業の量"を減らし、"仕事の量"を増やすか」という視点で書かれていて、個人的に新鮮でした。そこから「内田和成さんの他の著書にも同じような思考の本があるのではなのか」、と興味を持ってAmazonで見つけた次第です。

「仮説思考」というのはBCGで広く使われている言葉で、専門用語のような印象を受けますが、要は「仕事に取りかかる際に目標を絞る」ということです。
本書は具体的な問題例を挙げて、それをどのように思考して解決するか、順を追って説明していくので、問題解決の流れがとてもわかりやすいです。

たとえば冒頭では下記のような問題例が登場します。
問題例―「衰退する日本のプロ野球を救ってほしい」。
これに対してまず、問題を発見する。「衰退の意味は何なのか?」「視聴率が落ちていることなのか、それとも球場への観客動員数が落ちていることなのか?」
そこで関係者への簡単な聞き取りから「テレビの視聴率が下がっているのが原因だ」と目星をつける。そこからさらに「テレビが全体的に視聴率が落ちているのか、野球のみ視聴率が落ちているのか」と考えを掘り進めていく。
これが仮説思考の一つで、"視聴率が原因だ"とまず仮説を立てることで、網羅的思考の罠にはまらず、考えを次の段階に進められる。仮説が間違っていたとしても、逆に「この路線はない」と割り切れるので、別の解決策を探しやすくなる。

改めて書くとSC2の戦術を考えたりするときに自然と使っているような思考法だと思います。(「Protossの4GWを返せない」→「WG完成の6:00までに、必要な軍量が揃っていないのが原因か、それともプッシュを受けた後に内政で負けるのが原因か」など)
一度文章化して説明を読んでおくことで、自分が「問題を解決するプロセス」に集中しやすくなるのではないでしょうか。特に自分がおもしろいと思ったのは5章の『仮説思考力を高める』という章で、友人との会話・適当にチェックしたテレビから、「So What(それが何を意味しているのか?)」「Why?(なぜそうなっているのか?)」と考えを発展させていくことで、問題を絞り込む訓練ができるというもの。

中には専門的な計算もあり、途中飛ばした箇所もありますが、総じて具体例を基に思考方法が説明されていたので、読むのは難しくありません。読んでおくと「こういう風に考えていけばいいのか」と、考え方の幅を広げられる本だと思います。


2013年10月24日木曜日

Through The Nydus Worm - Starcraft 2 Insight

Through The Nydus Worm - Starcraft 2 Insight

TLの記事をあさっていたらみつけたもの。SC2のゲームシステム完成までのバックグラウンドが語られている。割とこういうのも面白いですね。
最近はTの合間にPを練習しているけどいまいち乗ってこないというか後半のマクロの組み立てがうまくいかない。ただ単に量をこなすんじゃなくてもっと落ち着いて考える別のアプローチが必要な気がする。

2013年10月21日月曜日

Suppy re-signs with EG and goes Full Time

Suppy re-signs with EG and goes Full Time
EGの学生ZergPlayerSuppyがEGと契約更新、そしてFulltimeへ。
小さいIdraという感じでみていたけど彼の配信は喋りがおおく面白かったので個人的に応援してる。フルタイムとなることで、学業などの不安もあるそうですけど、「将来自分ができなかったことについて後悔したくない」との言葉を残してます。がんばってほしいですね。

2013年10月17日木曜日

soO and Dear throw down the verbal gauntlet

soO and Dear throw down the verbal gauntlet before Code S…

SooとDearのインタビュー。Throw down the verbal gauntletってどういう意味だろう、と思ったら「Throw down the gauntlet」で相手に挑戦する、という意味になるようです。背景には「中世で鎧の篭手を相手側に投げることで相手に挑戦する意思を表す」という文化があったそうです。verbal gauntlet、言葉による篭手を投げた、つまりはインタビューでお互いに挑発しあったということなんですね。


2013年10月14日月曜日

E-sports Square 日韓戦観戦イベント

今日は日韓のエキシビジョンマッチを見るためにE-sports Squareのほうにお邪魔してきました。以下、簡単ですが写真と感想です。


2013年10月13日日曜日

JCG プレミアリーグ nemuke vs Vaisravana 0-3

nemuke vs Vaisravana (リンク内にリプレイあり)

決勝トーナメントはVaisravanaさんに0-3で負け。軽く振り返った限りではマクロにミスが多かった。またプッシュによって若干通常と違う展開になったんだけど、その際のマクロにおいてもVaisさんの方が安定していたと思う。
マクロの安定感は練習するしかないんだけど、時間がないときはせめてCom戦でもやっておくといいかも。Ladderと違って相手が動かない分安定した内政に集中できる。
別種族の練習は対応の仕方や戦術の考え方で総合的に練習になると思うけど、各種族のオーダーはやはり特化しないと安定しない感じはする。ともかく次のトーナメントにむけてがんばりたいと思います。

SC2 CJ Entus vs 日本 観戦イベント

Star craft 2 国際親善試合 「武士魂~Samurai Soul~」  韓国プロチーム CJ Entus VS 日本有志選抜チーム 観戦イベント
明日はこちらのイベントに参加予定。フリープレイとかできて面白そうなので早めに行く予定です。会場でお会いすることがあれば皆さんよろしくお願いいたします。

CJ Entus vs. Japan Showmatch - Oct 14

そしてTLにもしっかりポストされていた。日本は国が有名なだけに注目度が高いんですよね。


2013年10月12日土曜日

Rush vs Storm 交流戦

Rush vs Storm 交流戦(配信録画)

後半Rushの先発のZergがやられた後、2番手として自分が登場します。
結果はvsZに勝ってvsPに負けるという展開。Pの人は台湾にいたときよく練習してもらってた人なんだけど、「相手が変なオーダー好き+マクロか操作でこっちにミスが出る」ということで毎回妙な展開になる。
今回も相手がMSCStalkerハラススタート→2ndSGPhoenix+3rdという欲張りオーダーだったので、MMMで2ndを攻めたときに3rdを見ていればそのまま終わっていた。以下、MMをロスするミスが多くてぐだぐだに。

実はテランの練習あまりやってなかった(特にこのオーダーは当日使ったのが最初だった)んだけど、意外と展開を覚えていたのが意外だった。
SC2のマクロを組み立てる能力、オーダーの考え方は共通しているから別種族を使っても衰えないのかもしれない。

問題があるのは戦闘のマイクロとマルチタスク。戦闘に夢中になっているとマクロを忘れやすい。これは同じ戦術を使い続けて展開にある程度慣れる必要があるのか、それとも戦術は違ってもマルチ操作の多い戦術を多く使うことで上達させられるのだろうか。


2013年10月11日金曜日

MKP Swichting to LoL

MarineKing Switching To League Of Legends

SC2初期から人気だったMKPがLoLへ。MKP自身ずっとLoLに興味を持っていたようで、実際3ヶ月前からLoLへの移行を準備していたとのこと。
残念だけどSC2界が下火だからしょうがないのかもしれない。
RTSであるSC2とMobaであるLoLはゲームシステムが相当違う気がするけど、SC2のプロゲーマーもまたLoLで活躍できるのだろうか。RTSからFPSに切り替えるよりは可能性がある気もするけど、果たして。

2013年10月10日木曜日

Kelly McGonigal: How to make stress your friend

Kelly McGonigal: How to make stress your friend
TedSpeechの月間人気スピーチでみつけたもの。
ストレスについて、「ストレスそのものが悪」ではなく「ストレスにどう反応するか」がストレスで苦しむ人とそうでない人を決めるという話。
ある調査では「ストレスを受けた人」のうち「ストレスが自分にとって害だと思っている」と答えた人間の死亡率は「害だと思わない」人よりも高かったという。言っていることとしてはジム・レーヤー『メンタル・タフネス―ストレスで強くなる』1998年(阪急コミュニケーションズ)という本の内容に近い。
証拠的には正直押しが弱いと思ったけど、スピーチ自体は笑いがありとてもよくできている。
使われている英語は一部専門用語を除いて簡単なものが多く、スピーカーの発音が綺麗で、一つの文節をていねいに区切りながらしゃべっているのでとても聞き取りやすい。こういう風に話せるようになるといいと思う。


2013年10月8日火曜日

ForGG Forfeits IEM New York

ForGG forfeits IEM New York, Replaced by Revival
ForGGがIEMを棄権することに。Milleniumの情報によるとフランスの入国管理所で1年間の就労許可を取る手続きをするつもりのようで、それがIEMとスケジュールとブッキングしてしまったとか。

sC and TheBest Retires
Shuttle Retires
sCとBest、そしてshuttleが引退。最近プレイヤーの引退発表が多いなあ。FXOのコーチChoyaが「SC2はWCSシステムによって大会の機会が減ってプレイヤーのモチベーションが保てなくなった」という趣旨のことをインタビューで言っていたのでその影響なのか。

2013年10月7日月曜日

内向型人間の時代

スーザン・ケイン『内向型人間の時代』 (講談社)


2012年1月にアメリカでベストセラーとなった本。誰に対しても笑顔で、騒ぐのが大好き―そんな外向型人間が多いとされるアメリカでも、2分の1から3分の1は内向型で、ほとんどの人間は仮面をかぶっている「偽外向型」だという。

心理学の研究、内向型の偉人(エレノア・ルーズベルト、ウォーレン・バフェット、マハトマ・ガンジーなど)のストーリーを紹介することで、(アメリカでは軽視されている)内向型の持つ長所についてフォーカスを当てている。

知的でありながら硬さを感じさせない語り口で、約350ページにも及ぶ本にもかかわらずスラスラと読める。元の語り口も巧妙なのだろうけど、古草秀子さんの翻訳も秀逸です。

ぼくは自分の性格を再認識する上で役に立った。教室で周りと遊ばず一人で本を読んでいる子供や、パーティーであまりにも多くの人と会うことに疲れる男性など、自分の経験と重なる話がたくさん登場する。
ぼくは13歳で初めてオフ会に参加したときから、懇親会などの席で皆がどうして簡単に笑っていられるのか理解できなかった。当時のぼくにとって笑うこと、しゃべることは「意識的な努力」で、エネルギーを大量に消耗しなければいけなかった。当然そのようなイベントの後日は身体の非常なだるさという形で尾を引く。
以降経験を重ねて、積極的になることで学べることもあるということに気づいて、そのような振る舞いには慣れていったものの、自分自身は内向型で大半の時間を一人で過ごしている方が好きだと思う。

本書の注意点としては内向型の長所を強調しているので、自分の性格を無視して「自分も内向型だから本書で書かれているように風に振舞ったほうがいいのではないか?」と考えてしまいがちな点。外向型が良しされる風潮のアメリカ人向けに書かれていることを忘れてはいけない。日本人の基準から見ると誇張的な表現が多く見られる。

ぼくが読んで特に印象が強いのは第9章で、第9章には内向型人間が「社会でどのように振舞えばいいか」についての記述があり、それについて「セルフモニタリング」という、周りの状況に合わせて自分の行動をコントロールする技術が紹介されている。
第9章に出てくる内向型の一人、アリソンは内向型で自分の行動を社会に合わせている(セルフモニタリングをしている)。しかしどうみても幸せそうにはみえない。内向型で同じように社会に適応して幸せな人間もいるというのに。

続く次の鋭い言葉にぼくは特に感銘を受けた。「アリソンは今の仕事が心から好きではないのだ」。「心の中で自分ではない人間になることが成功への道だと思っていた」。「それではセルフモニタリング単なる自己否定だ」。

この「自分を変えなければいけない」「自己否定」というのは日本人が陥りがちな罠だと思う。積極的にならなければいけない。よく言われている言葉だけど、持って生まれた気質はそう簡単に変わらないし、積み重ねてきた人生の影響も強く残っている。自分を振り返って変えたい部分は変える努力をしてもいいと思うけど、変な脅迫観念にとらわれるよりは自分の持っている気質や能力の長所に目を向けたほうがいい。
ぼくにこのように自分の本来の性格に対する理解を深めることができたと思う。

本書に興味がある、しかし分厚い本を読んでいる時間がないという方は先にスーザン・ケインの約20分のTEDスピーチを見てみるといいかもしれません。

2013年10月6日日曜日

交流戦 ATT vs Rush

ATT vs. Rush clan!

10/6(日)に行われた台湾クランATTとのクラン戦の配信録画。勝ち抜き方式のクラン戦で自分も出場したのだけどマスターPに負けてしまった。

自分のゲームはリーパースタートでEbayBlock入れて相手のSGもみつけて序盤はほぼ理想的な進行だったんだけど、いざ2MediDropでプッシュするときにPhoenixを見て強気にドロップ行くかどうか迷った。ラダーでは特に序盤の2-4Mediがたまった時間帯、ドロップしないで待っているとあまり勝てる印象がなかったのでPhoenixに狩られないように注意しながら強気にいったんだけど、そのせいで相手がオールインしかけるタイミングで間違えて当たってしまい軍を削られる。急いで2ndにバンカー建てて守りを固めるものの、3Mediの損失で回復ができないこと、SCVのリペアをミスったこともあってGG。

主に後半戦の動き方に失敗して負けるパターンが多い。他のプレイヤーの配信をよくチェックする必要がありそう。

2013年10月5日土曜日

GSL Jiakji vs Maru Game2

GSL Jiakji vs Maru Game2
Frostのマッチアップ。マップが遠い、かつ2ndの配置がタンクで守りやすいことからFEを選択したMaruに対して、Fastgas クロークバンシーから1Baseタンクプッシュを仕掛けるJiakji。クロークを入れるとタンクの着弾がタイミングが約1分遅れるはずだから、速度を重視したい1Baseではクロークを入れないほうが強いらしいけど、
クロークバンシーでマリーンを5体削ったこと、Maruがタレットを3本建てたこと、スキャンを2回無駄撃ちさせたことで十分元を取っている。ここに8分半着弾のPushを当てて内政アドバンテージを得る。
そこから落ち着いて内政を伸ばしていけば自然にサプライ差で勝てるはずが…。タンクラインでお互いに膠着状態になったところでMaruの1stのメガドロップで一気にゲームが決まる。
膠着状態におけるドロップの強さがよくわかるゲームだった。そしてセンサータワーを前方に建てておき、メガドロップのタイミングがつかめていれば即座にタンクラインを突破できていたので、基本的な軍量で勝るJiakjiが勝っていたと思う。
個人的にはお互いに3rdを遅らせていた(20:00~)のが印象的だった。Frostは3rd-2nd間が離れていてドロップしにくいこと、一度Pushの展開になってドロップができるようになると、従来の即3rd3Raxでは軍量が足りなくてディフェンスしにくいのだろうか。Jiakjiは5Raxにしてからようやく3rdを開けていたけど、これは3Rax 3rd優先でもいいと思う。

avilo's Stream
TLに見慣れない名前があったのでちょっと見てみた。実力はあまり高くないようだけどやっている戦術と喋りが面白い。自分が見たゲームではZerg相手にマスバンシーしていた。こういう傾向の違う配信もたまにはいいなと思った次第です。

ポケモンオリジン
ポケモンはいろんな意味で自分の人生に影響を与えたゲームなのでチェック。緑をプレイしていた頃の思い出が蘇る。一部のストーリーの台詞がそのまま声優によって再現されているのも面白い。「このおれさまが!せかいでいちばん!つよいってことだよ!」とか。こうしてアニメを見てみると初代ポケモンはストーリーも優れていたのだと思う。

余談だけど外国語版のポケモンは語学の学習に良い。
1:会話が簡単 元の日本語が小学生向けで比較的簡単な言葉しか出てこない。
2:ターン制のRPGなのでアクションRPGよりも文章を追いかける時間が長い。自分のポケモンに新しく覚えた英単語のニックネームなどをつければ自然と復習ができる。
3:語彙が多い 技名やポケモン図鑑で単語を学べる。たとえば日本語の"にらみつける"を英語でなんというのかがわかる。
発音がないのが弱点でしょうか。

ポケモンXYは言語を自由に選べるということで興味が出てるんだけど3DS持ってないんだよね…。

2013年10月4日金曜日

e-Sports SQUARE、国際親善試合 韓国CJ Entus vs 日本チームの観戦イベント開催

e-Sports SQUARE、国際親善試合 韓国CJ Entus vs 日本チームの観戦イベント開催
10/14月(祝)18時~CJ Entusと日本チームの観戦イベント開催。自分は選手じゃないけどEsportsスクエアでみんなと観戦するの楽しいし行ってみるかなあ。SC2のフリープレイもできるらしいし。

【ピープル】伝説となってしまったキムテギョン[Bisu]の語り尽くせぬストーリー
Daily Esportsのインタビュー和訳記事。SC1のプロシーンから一転SC2のファン数が減ってしまったというBisuの葛藤が語られている。今後はSC1に戻ってゲームの配信していくとのこと。通りでTLでBisuの配信をみかけるわけですね。

2013年10月3日木曜日

Call to Action: October 2 Balance Testing

Call to Action: October 2 Balance Testing
バランス修正案。今回はテランの修正が多く中でも目玉はWidowMineの攻撃範囲減少と、それを補う形でのシージモードのタンクの攻撃速度上昇。David Kim的には4MばっかりのTerranvsZergをどうにかしたい、またメックの使用機会を向上させたいんだと思うけど、シージモードのタンクの攻撃速度上昇は特にTミラーで猛威を振るうことになると思う。攻撃速度3→2.7って10%の攻撃力上昇と同じ意味ですよね。メックが強化されるという意味だけでなく、クロークバンシー1/1/1からのタンクプッシュなども軒並み強化されることになる。Tミラーはタンクだけとかになりそうで怖いんだけど。

EG Korea House closed
EGの韓国チームハウスが終結へ。今までTL-EGとして参加していたSKProleagueも次のシーズンは参加できないということになるんだろうか。Liquidのチームハウスは残っているのかな?

FXOpen to stop sponsoring FXO.KR
FXOがFXOの韓国チームのスポンサーから撤退。記事にはFXOコーチであるChoyaからのコメントが載っている。「FXOのサポートは10月31日までで終わる。FXOとの契約取り消しの流れや将来のプランを後ほどメディアにアナウンスするが、新しいチームとして活動し、前のチームであるFoUに戻ったりはしない。どうか心配しないでほしい」

結構心配なニュースが続く。LoLにE-sportsとしての人気を奪われている以上SC2の巻き返しに期待したいのだけど。