2013年7月31日水曜日

台湾の食糧事情

滞在記の一環として今回は台湾の食糧事情を紹介してみたいと思います。


2013年7月30日火曜日

文化大学華語中心に通い始めて4週間が経ちました

台湾の文化大学華語中心(=文化大学付属の語学学校)に通い始めて早くも4週間が経ちました。
以下、台湾留学に興味のある方向けに感想を書いてみたいと思います。


2013年7月28日日曜日

TWOP 試合録画

TeSLLive

昨日台中で行われた、韓国人選手4人を招待した大会の録画が残っている。
この録画で見られる試合は下記の通り。
Sen vs TY BO3
Sen vs Genius BO3
Sen vs TY BO3
TY vs Genius BO5

個人的にTY vs GeniusはTYのドロップを多用するスタイルが見ていて面白く、とても参考になった。
結果だけみるとGenius vs TY 3-0とストレートですが、どれも良いゲームなのでチェックしてみてはどうでしょうか。

2013年7月27日土曜日

WCG2013日本予選 1次予選突破できず

nemuke vs Tokisada 0-2 
nemuke vs Hackheaven 2-0 

「世界で通用するプロ選手を目指して毎日練習しているので、このような実力を試せる機会を
 いただきとてもうれしく思います。現在SC2の上達のために台湾で生活していますが、
 オンライン予選を勝ち抜いた場合、日本に一時帰国して戦いたいと思っています。」

こういう風に熱意だけはアピールしたんですが結果が伴いませんでした…。応援していただいた方々、期待にこたえられずすみません。

今回負けたゲームを簡単に振り返ってみたいと思います。

2013年7月18日木曜日

WCG2013 オンライン予選選手リスト

1次予選(オンライン)

7/27 20:00開始のWCG20131次予選の出場選手リストが公開されています。大体15人でしょうか。
BO3 4人グループ総当りの形式になるそうなのでしっかりオーダー準備しなくてはいけないですね。

2013年7月14日日曜日

JCG nemuke vs kuroa 0-3

JCG nemuke vs kuroa 0-3
リプレイパックはこちら

個人的には相当に準備したつもりだったのですが、
細かい部分で荒がでてしまい、残念ながら0-3という結果になってしまいました。
追記で簡単にゲームを振り返ってみたいと思います。


2013年7月9日火曜日

『World Cyber Games 2013』StarcraftII 部門 日本予選 ルール

『World Cyber Games 2013』StarcraftII 部門 日本予選

2011年以来2回目となるSC2の日本予選のオンライン1次予選が7/27(土) 日本時間20:00より、
オフライン予選会が横浜にて8/31(土)より開始されます。日本でもこういう機会が与えられるというのは本当にありがたいですね。
自分ももしオフライン予選会への参加が決まれば一時的に日本に帰国して戦いたいと思います。

オンライン1次予選のルールが公開されていますが、それについていくつか重要な点を抜粋してみました。



・7/13にmapを公開する。マップは5種類
・試合日は19:30 までに、 Friend系IRC  #WCG2013_SC2に入り待機する。  SC2にもログインし、チャットルームwcg2013jpに入って待機する。
・1次予選は原則としてAMサーバーで行う。(両選手、運営の了承があった場合は別サーバーでの試合も可)
・大会参加者による配信は禁止とする。
・セット間にリプレイを見ることは禁止。運営の指示がない限りはすぐに次のゲームに移ること。

2013年7月5日金曜日

6/28 TESLレポート

一週間近く遅くなってしまいましたが、TeSLの様子について、
写真をいくつか撮ってきたので簡単に紹介したいと思います。

2013年7月1日月曜日

6/29 TISL vs FrayaMonsteR

TiSLSeason5CodeS Tournament
nemukeのリプレイパック

前日に急に参加が決まったので記事にできませんでしたが、29日にちょっとした台湾のオンライントーナメントに参加していました。マスター以上16人で行うトーナメントです。
自分は一回戦にRC-DMC.Joker(Z)に2-0で勝ち、二回戦にFrayaMonsteR(Z)に0-3で負けて終わりました。リプレイはこちらから。

簡単に試合を振り返ってみます。
1戦目 GSL DMZ
7:30着弾の12Baneburstを食らい、ワーカーが16体狩られる。対応としてはルートが二つに分かれるマップでは最初の2ヘリオンを両方から向かわせること、SCVを逃がして坂上で対応すること。
今回は16キルされたとはいえユニットロストは同じなのでそこまで酷いことにはなっていないのですが、問題はその後の展開で相手が2Baseなのにタレットの量を手抜きしてしまい、Mutaに蹂躙される結果となりました。またカウンタードロップのとき、相手にスパインがないので強気にヘルバットドロップにいくべきでした。相手がlingだけならヘルバットで割のいい交換を狙えるはずなので。

2戦目 Redcity
1RaxFEでヘルバットマローダーで3rdを狙う形。ローチベインされたものの、3rd先でBaneの数が少なかったので被害なく返す。ところがカウンターのマローダーヘルバットプッシュのとき、ヘルバットが分散・Mediがスポアに打たれる・MMのFocusができていない、という3点が問題でアドバンテージを失う。おそらくちゃんとやっていれば3rdを壊せたはず。その後の中盤戦でもMMMMの操作に失敗(MMがMineのいない、行き止まりに密集してBaneを食らう・進軍時に前方の偵察を送らずMineを機能させられていない)ことが原因で徐々に不利になり、最後はドロップをMutaで対応されて、ウルトラがでてきてgg。

3戦目 Akilon
特に理由はなくFE Fast3rd。先Pool 6Ling出されて、2ヘリオンがでる6:30まで2ndが取れていない。相手の内政が遅れている割にプッシュされず順調に3rdが回せたので内政で勝ち、Containできたんだけど、Mineの数が少なかったのか、Mineをうまくいかせない戦い方になってしまい突破できず、ウルトラがでてきてgg。細かいところでは相手がローチの割にマロが少なく、SCVが多すぎた(73)。

ミネラルのSCVが16に到達するのが5:30なので約1分、5人分のSCVのミネラル収集率が半分になる計算になる。SCV生産時間である17秒間にSCVがあつめるミネラルの平均は11.9で、半分にすると5.95。以降17秒ごとに人数分のミネラル収集が増え、5.95、17.85(+11.9)、35.7(+17.85)、59.5(+23.8)、89.25(+29.75)と5人分で90のミネラル損失になる。
Hatは一方で+4lingと、1分Hatが遅れることで6ドローンが減る計算になる。具体的にどちらが有利になるかはまだ見てないけど、16人をオーバーしてSCVを連続生産すると、フルに回せた場合と比べてSD一個分の資源ロスになるんだということは覚えておいたほうがいいかも。

課題:
3戦通した感想としては対Zerg戦のマクロゲーム、特に戦闘操作のマイクロができていないことが多い。また相手が普段と違うオーダーをしていた場合、可能性をいろいろ考えてしまい、結果サプライブロックやプッシュ、ドロップの動きを間違えるケースが多かった。
前者はプロのストリーミングを見て判断基準を勉強すること、後者はマスゲームで色々な対応を体に覚えさせることで対応できるんじゃないかと思います。悔いの残る展開でしたが、次のJCG決勝に向けてがんばりたいと思います:)

おまけ:
主催者の人が作ってくれたnemuke参戦のニュース
Facebookの個人的な写真が使われてていろいろとひどいことになってますが、まあネタ的に面白かったのでよしとします。