2013年6月30日日曜日

6/30 JCG nemuke vs Assist 3-1

Season1 決勝トーナメント
リプレイはこちら。
まさかの6Poolで少し焦りましたが無事返すことができました。
Tの対応としては、封鎖が間に合ったときは後ろにRaxで固め、封鎖が間に合わなかったときはSCVを坂に動員、それも間に合わなかったときはOCとRaxをうかせて安全なところでマリーンを生産しつつ、lingDroneがマリーンを探せないように全部のSCVで相手のHatcheryを殴りにいけばOKです。

3戦目のDaybreakでバンカー建設を忘れていたことと相手の先Poolを見てサプライブロックを連発してしまったことが反省点。プッシュの対応は見てから2ndバンカー+2、念のため1stに+1できたときにSCVを壁にしてBaneを使わせること、爆風でまとめて吹き飛ばされない場所にバンカーを置くのがポイント。1RaxFEで坂下近くにバンカーを建てて、SDをバンカーの周りに建ててしまったときは、2ndにバンカーを建てる場所が限られてしまうので、よくばらずに1st坂上にバンカーを建ててディフェンスするのがいいと思う。

決勝戦の相手はkurOaさんで7/14 21:00スタートです。大会でやるのは2011年のJapanCup以来かな?精一杯がんばりたいと思います:)

2013年6月29日土曜日

6/28 AzubuTop vs GamaniaSlam Topのインタビュー

今日は台北TeSLの公開試合場でAzubu.Top vs GamaniaSlamの試合を見てきました。会場の感想はまた後日、別の記事としてアップしたいと思います。Topの試合後に簡単にインタビューができたので、下記に内容を張ってみます。

TeSLの試合内容記事
・6/29 01:25現在まだ動画はアップされていないようですがそのうち上がると思います

6/28 Top vs Slam

毎日、どのぐらい練習してますか?ラダーやカスタムなど、どのように練習してますか?
 一日最高で30ゲームです。時間よりもゲーム数で数えています。大半はラダーで、ときどきチームメイトともカスタムゲームをします。GenusやVioletなど、誰とでも練習しますね。

特に観ている試合やプレイヤーはありますか?
 WCS、GTSL、 Proleague。プレイヤーはInnovationをよく観ています。

上達するには何が一番大切でしょうか?
 最初にゲームをよく理解する必要があります。相手種族のプッシュのタイミングとか、そういうものを覚える必要があります。それから試合を見たり、あとは…ひたすら練習です。

台湾人と韓国人プレイヤーの違いは何だと思いますか。戦術、それともマイクロ?
 うーん、練習時間かな…。韓国人は…毎日30-50ぐらい、たくさんやっていますね。

今日のSlamの印象は?
 マクロとマイクロはとても上手です。でもミニマップをあまり観ていないようなので、ドロップがよく刺さりました。

今日の試合のオーダーは特別に準備したものですか?一戦目のWWではFast3rdヘルバットドロップというリスキーなオーダーに見えました。
 試合が多いので特に準備したわけではなく、いつも練習しているオーダーを使いました。あのオーダーはAllinがきたらディフェンスできないですが、Slamが早い3rdに行っていたので、いけると判断しました。相手の3rdがないときはHellbatにはいきません。

2個目のFactoryの建設タイミング(10分)が早いように見えましたが、自分のスタイルですか?
 いえ、普通のタイミングだと思います。

4Mの対lingMicroについて、アドバイスはありますか。
 うーん、英語でどうやって説明すればいいか…ユニットのポジショニングが一番が大事ですね。Widowmineを散らばらせて、マリーンをWidowmineの後ろ側に展開します。(かなり意訳)

Topとの写真、たまたまIronmenのシャツをいただいたので自分はそれを着てますw

Topの印象ですが予想以上に長くなってしまった自分の下手なインタビューに対して、慣れない英語をつかって丁寧に答えてくれて、とてもフレンドリーな印象でした。
試合の関係で台湾には7/28までいるみたいです。期間中は精一杯Topの試合をチェックしていきたいと思います:)

2013年6月26日水曜日

[6/22-9/19台湾留学] 台北に到着後23日に無事引越しがおわりました

Blogの更新が遅れましたが順調に台北での生活を続けています。
22日に出発後、23日に引越しを終わらせました。
困ったのは3ヶ月間借りられる部屋が少なく、その上でSC2に不便しないインターネット環境というと大分限定されてしまうことでした。

以下、簡単に写真付きで部屋の様子を紹介してみます。


部屋は建物の5階です。急な階段で20kgのスーツケースをかついでいくのは大変でしたが友達が手伝ってくれたのでなんとかなりました。
廊下の様子です。台湾のテレビはチャンネルが100ぐらいあり、ニュースだけのチャンネル、日本のチャンネル、ドラマのチャンネル、スポーツチャンネルのようにそれぞれの特徴がよく定まっています。



机の様子 

ベッド。特に変な臭いもなく安心しました。枕はないのですが別に困る感じはないのでこのまま寝ています。


エアコンと天井。特に古い様子はありません。木目調が落ち着きます。 
浴室です。トイレと風呂と洗濯機と洗面台がセットになっています。日本の習慣ではトイレと分けられていますが、台湾ではこのような一体型が普通です。


今後の予定としては6/28(金) に、Rushのメンバーと一緒にTeSLを観に行こうと思います。あとはネットカフェで集まって練習など。
いまのところ自分の中国語は簡単な言葉だけ通じる程度ですが、中国語の学校も7/3~始まるのでそこで勉強して現地人と交流できるようになりたいと思います。

2013年6月19日水曜日

[6/22-9/19台湾留学]SC2上達のために6/22から9/19までの3ヶ月間留学してきます

何度か配信などでも触れてきましたが、
今日から3日後の6/22~9/19の3ヶ月間、台湾の文化大学語学中心(語学学校)に留学してきます。

目的:
・日本より人口・イベント共に活発な環境でStarcraft2の上達
・"Starcraft2の交流に使える"中国語のマスター
・韓国なども視野に入れた海外生活の経験蓄積

日本より活発な環境でStarcraft2を練習する
・TeSLの試合の観戦
・台湾のオフラインイベントに参加
・クランメンバーとネカフェなどで一緒に練習
などを考えています。4月に旅行に行った感触では、台湾人はネカフェなどで一緒にゲーム回す、話し合うのが好きそうな印象でした。もっとも環境の適応が必死だったり都合よく一緒に練習できたりする機会が多いかどうかはわかりません。またRushクランも歴史があるとはいえアマチュアクランなので入っているからといって特別サポートが受けられるとかそういうことは一切ないです。ただ具体的に何があるといった期待はできませんが、現地にいれば台湾コミュニティとの距離は近づくと思います。

"Starcraft2の交流に使える"中国語のマスター
文化大学の語学中心という、簡単にいえば語学学校で現地の言葉を勉強します。1日3時間/週5日なのでまあそんなにハードではないです。今の中国語がどこまで伸びるか不明ですが現地の学校は教え方が上手いらしい+外国人と交流機会が増える点を期待しています。それをベースに、自分で戦術を中国語で書いたり、話したり、台湾のサイトを頻繁にチェックしたりしてStarcraft2の話がスムーズにできるようにしたいと思っています。
配信やブログの更新もなるべくするつもりですが、現地にいったからには日本語からはなるべく隔離する必要があると思うので、日本語を使う機会は1日1時間までとか自分でルールを決めてやりたいと思っています。

韓国なども視野に入れた海外生活の経験蓄積
台湾では台北市内に部屋を借りて一人暮らしします。なんかあっちの物件は「キッチンがない・窓がない・トイレとシャワーがセット」などいろいろあるようですがネットが使えて自由にできる空間があれば正直なんでもいいと思っています。台湾では自炊する習慣が少ないのでキッチンがない部屋が基本のようですが大同電鍋というのを買えば電気だけで色々作れるらしいです。ちょっと面白そうなので使ってみたいと思っています。

ちなみになぜ3ヶ月かというと、観光ビザでいける最長が3ヶ月だからです。また学生ビザを取得すれば1年以上滞在することも可能なようですが、それには高卒の資格が必要のようなので、持っていない自分にはちょっと面倒でした。あとは最初の海外生活経験なので背伸びせず短い方がいいかなという感じです。

そして今最大の懸念は22日の台風です。どうやら東京に直撃するようです。部屋を現地の人に協力してもらって日曜日にまとめて下見をする予定なので、その日に見られないとggの可能性がきわめて高いですが、まあそうなった場合でもRageQuitせずに最後までがんばりたいと思います。





2013年6月17日月曜日

6/16 JCG感想

nemuke vs Grinker 1-2
nemuke vs Zer0car0lie 2-0
nemuke vs CriMsoN 2-0

グループ2位で進出しました~。
忘れないうちに感想をメモ。

今回のリプレイをまとめてアップしましたので、興味がある方はどうぞ。
nemuke JCG大会リプレイパック

vsGrinkers2戦
以下負けたGrinkersさんとの2戦を振り返ってみます。

vs Grinkers RedCity
1戦目で1RaxFEを使ったのでFEのヘルバットドロップ。序盤のSpeedlingにヘリオン2体狩られるものの4ヘリで前へ。近い形だったので3Raxのオールインをするつもりだったけどきっちり見られたのでOL行ってから3rdに変える。ただそれからもlingの投資分、1st2ndのドローンダメージから3rd割れると判断してマロで突っ込んで3rdを割る。相手はローチ生産と足Up入れていて3rd取る気配がないからラッシュ確定と思ってバンカーを建てる。この時点で圧倒的有利だと思っていたんだけど、RedCityの封鎖と地点と2-3個目のバンカーが狭くて近いせいでBaneでまとめて吹き飛ばされて、一応延命したものの内政ダメージが大きくてどうにもならず。
ちゃんと離れていればSCVとバンカーとBaneを消耗させられたと思うのですが。それ以上に3rdを割ったユニットがハラス用に置いたままで軍量が足りなかったので、1stでディフェンスするのが正解だった。

vs Grinkers Akilon
普通に即3rdマクロ展開しようと思っていたらまさかのProxyHat。
何回かラダーで食らったことはあってそのときに思ったのは即タンクでContainを突破するか、MedivacでDropにいくということだった。今回はなんとなくDropを選択、したらガスが足りないしStim研究も遅くてうまく回らない。タンクに後からいったものの、中途半端なぐだぐだオーダーになってgg。タンクを早めるのが正解だった。こういった対策が普段と違う戦術を持っていて、ある程度完成させていると大会で使いやすそう。

試合前の準備の仕方
最終戦のCriMsoNさんは個人的に大会で何度も負けていたので苦手意識があったのですが、用意していたProxy3rdとHellbatドロップがうまくはまって勝ち。Grinkersさんと1時間半のロングゲームをやった直後で消耗していたのもあるかも。一方自分は待ち時間1時間半以上あったのでゆったりCom戦でオーダーの流れを確認していました。

準備の仕方は人によるんだろうけど、自分は試合前はごちゃごちゃ考えず、自分のすべきことを軽く予習してゆったりしておくのがいいみたいだ。頭を休ませることで精神的な安定感が大分変わる。Grinkersさんとの3戦目は正直頭がパンク状態で対応がぐちゃぐちゃになってしまった部分もありますし。
あとは単純なゲーム・大会の経験量、十分な準備ですね。準備をしっかりやっておけば、直前に焦ることも減るので。
したがってこれからの課題としては

・準備の仕方やBO3の戦い方を意識して定期的に大会に参加
・試合で使う戦術を十分準備しておく
・試合前に落ち着いた気持ちにする
あたりを意識して、参加していきたいと思います。

2013年6月15日土曜日

6/14 Balance test

6/14 Balance Testing


・WarpPrismの移動速度が2.953、加速速度が2.625に上昇
TvPにはあまり影響はないと思った。中盤は序盤のチーズか後半戦でしか使われていないので。
でもVKで殺せないかつ進軍中にクロスカウンターワープインがやりやすくなるのは割りと大きな変化かもしれない。1ObsとProxyPylonのかわりにWPにする、といった使い方が増えるかも。

・HellbatのvsLightBonusが削除、青ヘリUpで今の数値に戻るようになる
ドロップは終了すると思う。特にvsPとvsZ。今はヘルバットmedivacとワーカーの交換が元が取れるからなんとかなっているけど、2発で殺せないとヘルバット側が不利になる。
ヘルバット自体の対lingの必要ヒット数は変わらないけどマリーンの攻撃1発で死ぬか死なないかは重要だと思う。

・バンシークロークの研究コストと時間が100/100/90secに
対Pと対Zで活躍の機会が広がるかもしれない。でも対Tはオーバーパワーになるだろうなあ。特にバンシーからタンクのプッシュがやりやすくなる。コスト低下によってクロークバンシーいきながらタンクとかヘルバットとかできてしまうので。

2013年6月13日木曜日

TvP 2basePhoenixColossus All-in

Macsed vs StC Game2 Whirl Wind

どういうわけか中国プレイヤーに人気のOracleハラスからのPhoenix Colossus、JimはWCGで3Baseの組み立てをやっていたけど、普通にこういうオールインもできますよということで紹介。

ゲームの流れは以下の通り
Protoss視点
Noscout 15 2gas (2/2堀)
[3:50] 2nd MSC WG Pylon
・広いWhirlwindなのでユニット生産より先の2nd

※3/3ガスにする
[4:18] 26Stalker
[4:50] SG 2Stalker
[5:50]Oracle Robo 3Stalker

[6:20] OracleのあとPhoenix生産開始
DropにOracleMSCで対処、2ヘリに2Stalkerで対処
・ここからPhoenixをずっと連続生産
[7:00] 3GW 4gas
[8:00] Forge Sentry
・Sentryの数は相手がWidowMinedropだったせいかずっと1体だけ

[8:30] Bay Obs Weapon1Up
・Robocompから2:30後にBay、多分ガスとの兼ね合い。Obsが微妙

[9:00] Oracleハラス、2ndのNogas見る→2Cannonをベース端に建てる
・Cannonが個人的には不明、Phoenixでドロップは対応できるから別になくてもいいと思う

[9:30] Colo
[10:00] 5gw +2Zealot;Oracleで進軍してくるタイミングでrelevationかける、Phoenix移動してマップコントロールをとる

[10:20] Lance [10:40] Colo [11:00] AirWUp
・1Colo入れてからLance
[11:50] ArmorUp 3Colo +5Zealot
・TCは建てないでガスをColoとPhoenixにつぎ込む

[12:30] 3Coloで前でる
[13:30] 3Colo 8Phoenix+Zealotが着弾
[14:00] +5Stalker
・Upgrade止めて、ういたガスをStにしてとどめを刺す
[14:30] +5Zealot 5Colo

Tの動き
・Fastgas Factoryで 6マリ1MineDropと2ヘリでハラス。足の速いヘリオンを使うことで6:20のハラスの軍量を最大化している
・StCは2SPを11:00に建てていたが、1SG生産のPhoenixに数が足りていなかった
・返すなら倍のVK(10:00~2SP建設?)と、たまるまで耐えるために2ndのバンカーが必要
・なるべくMMを前にだしてオールインの気配を察知するようにしたい

2013年6月10日月曜日

Cure vs Soulkey ヘルバットドロップ vs ローチディフェンス


最近流行っているヘルバットドロップ、ZergのRushの可能性を無視して貪欲に走るとこうなります、という一例。

Cureのオーダー
2nd直建て
[2:30] 15gas [2:50] 16Rax
・FastExpandから15ガス。Factoryが10秒早くなるけど、リアクター完成まで1マリしかいなくなる。対テランではリーパーの可能性を無視すればありえる形だけど対ZergはPushに相当弱くなる。

[4:10] Fac バンカー(坂下) 1マリでR[Rax] [4:20] gas
[5:20] Armory SP [6:00] R[Rax]
[6:20] SD [6:50] 2Medi
[6:50] 3gas
・マローダーと2Medivacを連続生産するには3gasが必要になる
[7:00] 3rdみないで直接2ndヘリオン送る 5Dronekill
・Soulkeyの即3rd読み。資源的にはヘリオンのロストの方が大きいけど、この時間帯ローチ生産入れてDroneを削っているので悪くないと思う

[7:30] マロとStim生産開始
・ローチを見たせいか、マローダーは最後までずっと生産していた;
3体以上になったらSCVをつれてオールインに行ったり、このゲームでも12分に3rd割ったり、中盤のプッシュが強くなる

[8:00] +2Medi
[8:30] 4ヘルバットドロップ着弾→14ドローンキル
・4ヘルバットならローチローチの上に落としてもダメージが大きい

[8:50] 軽いプッシュ来る 3rd
・ローチだけならヘルバットマローダーだけで返せる

[9:20] 2Ebay
[9:40] 2回目のドロップ;以下ずっとヘルバットのターン
[10:20] 42DroneKill +2Rax 1/1Up[10:40-13:20]
[11:00] 1Dropしながら前にでる
[12:00] 6hellbat 6Maroが3rdに着弾;+2Rax

Soulkeyのオーダー
[4:00]Metabo→gas1にする 2Queen→+1Queen
[6:00] RW gas3にする 2gas 3rd
[7:00] +7Roach
[7:50] lingカウンター +6ling

[8:30] ヘルバットドロップ見て +1Spore
・見てからSporeを建てる形

[9:00] Lair 2Evo +2Spore +5Roach    
[10:30] RoachSpeedUp
・この時点でgg気味

2013年6月6日木曜日

Innovation vs Soulkey Hellbat Drop

おとといのJCGで紹介したオーダー。

Innovation vs Soulkey Bershir
Soulkeyは2戦目のBershirで以下のようなオーダーをしていた。
ヘルバットをOLで気づいてからローチとスパインスポアを作ったあとに1/1Upをいれて、そのままローチハイドラに移行する。

Nogas 4Queen
[5:20] OLでガスを見てヘルバットドロップ確定
[5:30] 36/52 10Drone
[5:40] 4QueenOut;Creep;46/52 2gas
[6:00] 42/44 3rd ローチウォーレン
[6:40] 52/60 +6ling;Metabo
[7:00] 55/76 +4 Roach 3gas
[7:30] OLをT陣地に入れようとするがSPもArmoryも見えない
→1stと2ndにSpore +4 Roach

[8:00] 74/86 2Evo;OLをTベースに入れてTの3rd見る; 1stと2ndにSpine
[8:30] Mediうちおとす; 76/86 Lair[8:40-9:20] 1/1Up

[9:30] 94/102 4gas 3rdSpine※2ベースがフルに回るまでDroneを3rdに送らない;+3ローチ
[10:00] 98/102 Roach足Up 6gas
[10:40] 98/118 6ヘリオンと6Drone交換; +17Drone;HydraDen
[11:30] 124/128 2/2Up Hydra射程Up

・初弾のときRW 8ローチ 2Spore 2Spine建設
=コスト合計1500=ドローン30体相当
ローチハイドラは後半も使えるから無駄にならないんだけど、
初弾を完璧にしのいでもそこまで内政有利になってないあたりから、
オーダー的に負けている感が強い。やはり3rdBaseと1/1Upを同時に行うのが厳しいと感じる。

Innovationのオーダー
一方Innovationのドロップオーダーは以下。大雑把なので細かい時間帯は実際やってみてください。
要するにFactoryを入れた直後に2ガスを取って、SP→Armoryと順当に入れていけばヘルバットドロップが8:30-9:00に入る。

SPArmory建設中にマローダーを連続生産しておけばMVPがやっていた9-10分台のSCVをつれた強力なオールインになるし、Akilonなど4thが取りやすいマップではそのままMechにつなげるのも強い。
HellbatドロップでZergのオーダーが見えるので9分以降のラッシュにも対応できる。
2Baseラッシュにはマップコントロールがなくなった時点でスキャンうって、対応のバンカーを用意しておけば磐石で、カウンターのヘルバットドロップで殺せる。
個人的には今Terranで一番強いオーダーだと思う。

FE Fac [4:50]2gas
[5:45] 34/38 SP
[6:00] 35/38 Armory
[7:00] 4ヘリオンでとめてHellbat生産、完成後Mediに乗せてハラス
[8:00] 3rd 2Ebay 3Rax 4gas
[8:30] Z陣地にヘルバット着弾
[9:00] 1/1Up 5Rax

2013年6月5日水曜日

[レビュー]MDR-XB90EX B初感

以前使っていたイヤホンが紛失・故障等で使えなくなったこと、
夏でヘッドホンが蒸し暑くなる頃なので、kakaku.comでよさそうなのをみつけて新しく購入。

MDR-XB90EX B





ゲーム用イヤホンで個人的に重視するのは
・音場がはっきりしていること(どこで戦闘が起こっているか・どこでDTに殴られているかがわかること)
・遮音性がしっかりしていること(オフライン会場で周りの音が気にならないこと)
・長時間つけていても耳が痛くならないこと
この点において使っていたER-4Sは音場が最高だったんだけど、まあ断線してしまったのでしょうがないですねw

・装着感
カナル型。イヤーピースは標準型と、ウレタンを仕込んだ遮音性の高いものがそれぞれ3-4サイズついていて、今はウレタンの小型ピースにしている。
遮音性を確保するためには耳に深く突っ込む必要があるんだけど、そうすると耳が痛くなる。
今のところ微妙

・音場
この価格帯のイヤホンでは割とがんばっている方だと思う。2万クラスのイヤホン(ER-4S)に比べるとやはり狭い。

・遮音性
浅い状態でも開放型のヘッドフォンに比べれば遮音性がある。ただ、本格的に周りの音を遮断しようとすると耳に相当深くまで突っ込まなければいけない。

その他
・コード
絡まりにくい特殊なコード。タッチノイズもあまり感じない。長さはフロントにつければ十分だが、延長コードがついていないので後ろから回した時に足りない感じはする。

・ケース
割と硬いのでイヤホンが潰される心配がないと思う。

とりあえず、イヤホンにまだ慣れてない面もあるということでしばらくはスピーカー/ヘッドフォン/イヤホンをローテーションして使っていこうかと思います。

2013年6月4日火曜日

マップ別の移動必要時間

[G]Map Distance & Travel Time

今更感があるけどTLあさって見つけたもの。
画像つきでとてもわかりやすくマップごとの必要時間が書いてある。今のGSLマップなどが含まれていないのが少し残念。

最近のマップの1stから1stまでの距離を個人的にまとめた。

Daybreak:48sec
Akilon:48sec
Newkirk:57sec
WW:54sec(横)63sec(対角)
Bershir:57sec

・意外とBershirが長い…。

元データはWorker(2.81)なので、zerglingなど2.95に適用するなら-5%、Marine(2.25)に適用するなら+25%という風に応用して計算もできる。

2013年6月2日日曜日

マローダーバンカートリック

Marauder Bunker Trick
下記に説明したけど言葉で説明するのは難しいので、詳しくは投稿内の動画参照。

手順
1:バンカーを4つ以上、円になるように配置
2:1マローダーずつ中に入れる
3:バンカーのラリーをバンカー同士で円を描くように設定
4:Unload連打
これによって1バンカーの中のマローダーが入れ替わりながら攻撃するようになるので、1バンカーあたりのDPSが上がる(4マローダー分になる)
※中のマローダーのクールダウンがキャンセルされるのではなく、入れ替わるだけなので、合計の攻撃回数自体は元のマローダー数以上にはならない。4バンカーのすべての射程内に敵がいて攻撃しているときは変化がない。

実践で使えるかどうかはわからないけど、対Pの6GW対策をやるときはやってみてもいいかも。