2013年5月31日金曜日

WCS AM 配信録画
DemuslimがWCSのvsStCのWWでArmorUp2段階入れてからWeaponUp入れていたのが印象的だったので少し調べた。

WeaponUpのメリット
・タンクがタンクを3発で倒せるようになる
・タンク、ヘルバットはWeaponUpの影響が大きいのでメック同士の戦闘で強い

ArmoryUpのメリット
・VKの戦闘で有利になる
・ヘルバットがMMに対して硬くなる

・VKの戦闘で有利になる
VK(14*2ダメージ)がVK(HP125、Armor0)を倒すのに必要なヒット数
28 *5 = 140 (Normal)
26 *5 = 130 (1ArmorUp)
24 *5 = 120 (2ArmorUp)
22 *5 = 110 (3ArmorUp)
・アーマーで2段階以上勝っているとき、VK同士の戦闘で1ヒット余計に必要になる。1段階では意味がないので、2段階を先に進めるのは理に適っている。

・ヘルバットがMMに対して硬くなる
マリーン(6ダメージ)がヘルバット(HP135、Armor0)を倒すのに必要なヒット数
6 * 23 = 138 (Normal)
5 * 27 = 140 (1ArmorUp)
4 * 34 = 136 (2ArmorUp)
3 * 45 = 135 (3ArmorUp)
・やはり手数の多いユニットなので効果が絶大。戦闘時1Upでも先行していれば圧倒的に有利になると言える。対MMでは相手のアップグレードを相殺する意味合いが強いかもしれない。ではマリーンののアップグレードが先行するとどうなるのか。

マリーン(6ダメージ)がヘルバット(HP135、Armor0)を倒すのに必要なヒット数
7 * 20 = 140 (1WeaponUp)
8 * 17 = 136 (2WeaponUp)
9 * 15 = 135 (3WeaponUp)
・単なる数字だと伸び幅がわかりにくいかもしれない…。同じようにマローダーも見てみたい。

マローダー(10ダメージ)がヘルバット(HP135、Armor0)を倒すのに必要なヒット数
10 * 14 = 140 (Normal)
9 * 15 = 135 (1ArmorUp)
8 * 17 = 136 (2ArmorUp)
7 * 20 = 140 (3ArmorUp)
・アーマーが1段階リードするにつれて1、2、3と段階的にヒット数が増える。

マローダー(10ダメージ)がヘルバット(HP135、Armor0)を倒すのに必要なヒット数
11 * 13 = 143 (1WeaponUp)
12 * 12 = 144 (2WeaponUp)
13 * 11 = 143 (3WeaponUp)
・こちらは単純に1Upが進むだけでヒット数が1発減る計算になる。基本的に対MMのアーマーアップは効果的と考えてよさそう。それではWeaponUpと比較した場合はどうなるのか。

ヘルバットがマリーン(HP55)を倒すのに必要なヒット数
30 * 2 60
33 * 2 66
36 * 2 72
39 * 2 78
・元からオーバーキル気味なので変化がないと考えてよさそう。またスプラッシュダメージもタンクなど%で軽減されるものと違いHellbatの場合は元のダメージが範囲内にそのまま入るので関係がない。

ヘルバット(30ダメージ)がマローダー(HP125、Armor1)を倒すのに必要なヒット数
17 * 8 = 136
19 * 7 = 133
21 * 6 = 125
23 * 6 = 138
・3段階を除き1段階アップするごとにヒット数が1発減る。
以上のことからMMと対戦する上では基本的にArmorUpを先行させた方が良いことがわかる。
ヘルバット対MechだとVK戦以外、WeaponUpの方が強いから必要はなさそうだけど。

2013年5月30日木曜日

Infi vs Jim 対コロフェニ

WCG2013 Infi vs Jim

WCG中国国内予選の試合のようです。WC3のInfiがでていたのでちょっと見てみた。

3戦通じてInfiはFEまたは1RaxFEから1Tech2Reactorでマリーンを多く作り、[7:30] FacのあとにEbayを追加するという、軍量を重視したオーダーを使っていて、JimはOracleハラスからコロフェニ。お互いにオーダーが少し古いというか、韓国と違うけど中国の流行なんだろうか。

初戦
コロッサスオールインに対してSCV動員して返す。WWが広いマップだからできる技。ただTimeWarpでSCVMMが削られる時間が長くなってるので紙一重だと思う、JimがFFちゃんと張ってたら死んでた可能性も。

2戦目
200でコロフェニ vs MassVKMMでPush失敗してgg

3戦目
200でコロフェニ vs MassVK+Ghostで押し負けてGG

Infiは2,3戦共に200までためた割にはVKの数がPhoenixと同数程度だったので
・VKでPhoenixを殴っている間に地上が6-8コロッサスに焼かれる
という結果になってしまっていた。3戦目はそれにゴーストも加えたけど焼け石に水状態。

コロフェニの対策は超MassVKにしてPhoenixごとつぶせる数をためるのが理想、だと思う。
あとは序盤~中盤に仕掛けるタイミングがあるかも。アイデアとしては以下のようなもの。

1:MM偏重オーダーで10-11分に2ndにPush。PhoenixがUpgrade遅らせて軍量増やしてるオーダーだから多分成功しない。あとWoLなら刺さってもHotSはMSCがいるので厳しそう
2:3rdとUp急ぐオーダーで2SPで、2/2とMassVKとHellbatためたタイミングでPush。地上の硬さが割と重要なので多分ヘルバットとマローダーが多いほうがいい
3:3rd,4thまでかためて3SPでMassVK、ゴーストはEMP用に少数、VKの射程差をいかしてタレットを埋めながら進軍していく

VKとPhoenixの基本性能はPhoenixの方が上なので、VKの利点である射程をいかして一方的に攻撃できる状態を作ると戦いやすい。そのためにもVKがPhoenixを食える量をためるしかないと思う。


2013年5月29日水曜日

ダーマポイント様のページで眠気マウスが紹介されました

ダーマポイントカスタムマウスプロジェクト     第三回 Nemuke氏

Blogで紹介するのが遅くなりましたがダーマポイント様の公式ページで私のマウスが紹介されました。
自分のBlog内でこちらのカスタムマウスカテゴリから製作過程の様子が観られるので、興味のある方はどうぞ。

2013年5月26日日曜日

Innovation interview

Innovation Interview(英語)

ちょっと遅いけどInnovationのSymbol戦後のインタビュー。
以下、いくつか興味のある部分を訳してみました。全体を見たい方は本インタビューの英語版か韓国版のGoogle翻訳でどうぞ。

Symbol戦にむけて具体的に何か準備していたことはありますか?
―Symbolはローチ系のプッシュに熟練している選手だと思ったので、準備中そのことについて多く考えた。DayBreakでSymbolはローチ系のプッシュを使用したので、次のセットはローチプッシュをシャットアウトするオーダーを使ったが、そのせいで負けてしまった。そのことで少しばかり影響を受けたが、全体的に全ゲームにおいて、Lategameまで安全に進めるように展開した。

最初から3連勝して、とても良い形だった。
―すべて計画通りだった。実際、試合中の局面は自分が練習していた局面よりも良い形になっていた。今日は楽勝だという考えをどうしても止めることができなかった。当然、油断したことでその後厄介な状況になった。

どうしてStar StationでProxy2Raxをしたのか?
―ちょっと試してみたかったので(笑)。BO7なので、ああいうものを間に挟むべきだと気づいた。そしてまた、StarStationはあの手の戦術がしやすいマップだと気づいた。

6戦目でタンクの多い編成を見せた。
―実は相手のBaneling NestをMedivacで見ていた。ディフェンスに成功しさえすれば勝てると思ったので、結果大量のタンクになった。

―Nydusについて相当警戒して準備していたのではないか。
3戦目ではオールインが来るだろうと思ってゲームしていた。幸いドロップがベースに向かっていることに気づけた。今日の試合ではずっとNydusを警戒していたが、結局来たのは一度だけだった。

―対Zerg戦の練習相手をみつけるのが難しかったのではないか。
木曜日と火曜日は本当に何もプレイしていなかった。その代わり、オーダーを組み立てることと考えを進めることに要点を置いていた。しかし今からは次の試合(おそらくGSL Final)にむけて真剣に準備するつもりだ。


2013年5月22日水曜日

ASL A-22 感想

ASL2013

昨日ASLの自分の組の試合があり、
自分は最終戦で負けて残念ながらグループ敗退という結果に終わりました。

最終結果
nemuke(T) vs 同济麦老爷(P) 1-2
nemuke(T) vs GeniusStorM(Z) 2-0
nemuke(T) vs 同济麦老爷(P) 0-2

nemuke ASLリプレイパック

下記に試合の感想を書いていますので、リプレイと一緒にどうぞ。

2013年5月21日火曜日

TvP 即3rd vs 2Baseコロッサスオールイン

http://www.youtube.com/watch?v=_uPfGjChHiU

TY vs Puzzle Neo Planet S。遠い3rdによってオールインが強いマップ。
TYはPuzzleの2ndを見て即3rd。この3rd取りにくいマップで即3rd…?それを見たPuzzleは12分着弾のコロッサス2Baseオールイン(8Stalker 6Sentory 3Colossus 3Zealot)で殺しにくる。しかもTYはハルシネーションのHTを見て勘違いしてGAを建ててしまう!着弾までVKを生産する素振りすら見せない!

とTが確実に死ぬパターンだと思いながら見ていたら…。
以下ポイント
・1Medi(8マリ)はP陣地近くに残してプレッシャーを続ける。これによって対応のGWユニットx2Base分 or MSCをP陣地にはりつけることができるのでPのプッシュが弱まる。
・12分まで3rd無しで前に出てきているのを見た瞬間に4バンカーを建ててFacで通路を塞ぐ。
建て方は以下のようにし、マローダーを優先的に入れる。後ろのバンカーには入れないで、前のバンカーが割られたら入れる。
------------
Fac ■ □

      ■ □
------------

・坂上に1バンカー。NeoPlanetはこの位置のバンカーがすごくディフェンスに強いのでvs6GWなどにも覚えておくといいかもしれない。

Pのオーダー(大雑把に)
15 2/2gas Zealot [4:00]3/3gas Sen MSC WG
[4:50] 2nd
[5:00] Robo 2Sen
[6:00] Forge; 3Sen ハルシフェニで偵察、Tの即3rd見る 1Obs
[6:45-9:15] 1Up
[6:55] 4gas [7:10] WGcomp;Bay
[8:00] 3GW
[9:00] +2Sen +1Zeal [9:30] 7GW +1Sen +1Zeal
[10:45] 7GW Warpin comp; +7St;前に出る
[12:00] 8Stalker 6Sentory 3Colossus 3Zealot ※ドロップ対処でワープイン一回分の軍量が減っている模様




2013年5月20日月曜日

JCG SC2 マスターリーグ 感想

JCG SC2 マスターリーグ Day2(リプレイファイルはサイトからダウンロード可能)

結果
nemuke vs zer0cal0rie 2-0
nemuke vs Saiden 1-2
nemuke vs szkd 2-0
またしても2-1という結果でした。

負けたSaidenさんとのゲームの感想を以下に軽く書いてみたいと思います。


2013年5月18日土曜日

TvP 2ndDTドロップへの対応

リプレイ(Firestorage)※アップし直しました

Rush vs UnFのクラン戦に出たら2ndDTドロップを使われて
悔しかったのでリプレイのオーダーメモして研究した。
Pの人は殺し方の参考にしてみてください。

2nd→DTドロップ vs FE 3Rax Fac 5Rax
GW 15 2ガス→1/1
TのFE見て[3:20] 2nd [3:40]CC 2/2ガス 22/26Pylon→3/3ガス
[4:35] 22/26 MSC St WG [4:55]MSCOut
[5:00] 29/44 TC [5:15] StOut
[5:45] 35/44 3gas Zealot
[6:00] 39/44 DS Robo Sen
[6:30] 41/44 2gw
[7:00] 45/52 4gas
[7:40] 60/68 2DT WPOut→Obs;2DT乗せてドロップへ
※WPに1CB以上使わないとDTと同時に出ない
[8:00] 62/68 RoboBay 2Forge +1Sen1Zealot
[9:00] DTDrop着弾 1体ずつ落としていく 守りが薄ければ変形して2Zealot生産;1/1Up
[9:40] 1stObsがTbase来る
[10:00] 78/100 Charge 1コロ 3rd TA
[11:00] 86/100 8GW [11:30] 91/110 1/1Comp 2/2 Storm 2HT
[11:40] 3rdcomp;Probe65 1/1 vs SCV40 1/0
[12:30] Tのプッシュタイミングだがこの時点で3rd 1/1 1コロ2Zealot2Sen+8GWが完成
[13:20] 115/118 10GW Blink
[14:30] 125/150 4th コロ生産開始 Lance;2/2Comp
[15:30] 162/166 3Archon 2コロ 2HT 2Sen 残りZealotでPush

Tの対応
・7:00の4ガス偵察でガス量を見る
6:30までに4ガスを取っている or Sentryが見えない場合はDTやテック/アップを急ぐオーダーの可能性が高い
※6:30までに4ガスを建てないと2DTとBayに行くガス合計450がたまらない

・[9:00]DTドロップの着弾タイム、3つの選択肢
1:P1stスキャン;DTの可能性が残っていればスキャン1発残すまたはタレット建てる ×資源消費量が多い
2:スキャン1発残しておく;1stに6マリ以上置いておく(対オラクルも兼ねる)、×プッシュに弱くなる
3:スキャンを残さないで1stにタレット(対オラクルも兼ねる)
※1stにとりあえずタレット、というのがミスもしにくいから一番わかりやすいかもしれない

DTを見たら
・スキャン打って1st 2ndにタレット建設
・2Mediの生産を急ぐ
※MMの生産は止めても良い
・2Mediが出た時点でカウンターに行く
※ここでいかないとこっちもテックを急ぐオーダーにしない限り2Forge3rdに対応できない
※2Mediでドロップを入れて相手の状況から対コロ・対HTを揃える、以降通常のvs3baseProtossと同じ展開

ホットキートリック

Hotkey Trick: A "Legal" Alternative to Mousewheeling for Spamming Abilities

HotSではAbilityを"使う"ホットキー(通常は左クリックに設定)も変更でき、
そのキーをAbility選択のホットキーと同じにすることで、Ability選択と対象指定の動作を同時に行える(左クリックの手間が省ける)というTips。言葉ではわかりにくいと思うので動画を参考にしてください。
キーを押した瞬間にマウスポインタのところにスキルが飛んでいくのは慣れが必要だと思うけど、ゴーストによるHTのスナイプやMuleを落とす動作を早くできるのはいいかもしれない。

※修正
試したら同時でなかった。たとえばFにAbility選択とAbility使用のキーを割り当てたとして、
F押し1回目:Ability選択状態
F押し2回目:ポインタのところにAbilityが使用される

というように処理される模様。ちょっとリズムが狂うかも。押しっぱなしにしてれば関係ないけど。

2013年5月16日木曜日

TvT 15gas expandミラーのヘリオンの強さ

SKProleague Innovation vs Flash

この間のSKProleagueのInnovation vs Flash。約6分まで両者完全に同じオーダーですが、ReactorFactoryの生産だけが違い、InnovationはWidowMineを、Flashはヘリオンを生産します。
それに伴う変化が7:00のドロップの戦果。InnovationがWidowMineとマリーン4体をゆっくりドロップしている間、Flashは1stの8マリーンドロップと2ndの6ヘリオンでInnovoationのSCVを20体狩ります。
Medivac無しでも相手陣地に迫れるヘリオンの機動力、ワーカー殺傷能力が十分に生きたゲームです。



Widowmineは処理するためにスキャン、Raven、タレットまたは範囲攻撃が必要なので、1Medivacで、軍の強さよりも最速で内政をかき回すことに焦点をおくオーダー(Fastgas WidowMineDropなど)では、少数なのにスキャンを打たないと潰せない点が強力なのですが、

単体のワーカーユニット殺傷能力はそこまで高くないので、15ガスのようにお互いに軍と内政が揃ったタイミングで攻め合う展開になるとヘリオンに軍配が上がります。





ちなみに15ガスミラーのTipsとして、同じようなゲームがATCのForGG vs MMA (ATCのリプレイパックにリンク)でも見られます。こちらはヘリオン連続生産 vs 4ヘリオン→タンクで、これもヘリオンの連続生産分が大きくForGGの圧勝となっています。

2013年5月15日水曜日

MMA vs Heart Fastgas WidowMineDrop Banshee 12min 4Tank 3Medi drop

MMA vs Heart(TeamstoryCupのリプレイサイトにリンク)のリプレイ解説
配信の録画 前半15分ぐらいで解説してあります
・基本的なドロップの進め方とcomposition
・[12:30]に3Medi 4タンク 18マリーン+1UpCombatのドロップを入れるオーダー

■MMA FastWMDropのオーダー
16OC [3:00]Fac 1マリ
Fac SD 2マリ [3:40]2gas
[4:00] SP WM
※SPを先に作る
[5:05] 27/35 Medivac 2WM
[6:00] ドロップへ; 35/35 2ndCC
※MMAはここでサプライストップしている
[6:30] ドロップ着弾

■後半の展開
[7:40] 50/51 1タンク1バンシーの後に3Rax
[9:00] バンシーと1Medi両方でハラス、Xelnagaに1WM埋める;Ebay
[9:40-12:20] 68/70 1Up
クロークバンシーを見てタレット
[10:30-12:20] Combat 82/86 2Medi
[11:30] 4タンクで前
[12:30] 3Mediで崖を上がってタンク展開 gg

2013年5月14日火曜日

MMA vs Alicia TeamStoryCup

Acer vs Axiom (TeamStoryCupのリプレイファイルにリンク)
MMA vs Alicia
AlliciaのNoscoutMSC2ndに対してProxy Fastgas リーパーリアクターマインを仕掛けるMMA。従来の5:00にRoboを建てるオーダーだとマインが5:00にP陣地に着弾するため、返すのがとても厳しくなっている。偵察なしのProtossに刺さるオーダーなので覚えておきたい。


序盤のオーダー

※WM=WidowMine
MMA
10SD→ProxyRax建設 11Gas 14Rax
 ※10SDだと13に間に合わないので、11gasと同時に送るのがいいかもしれない
[3:10] Factory リアクター建設[Rax]
[4:20] 19/27 2WM リーパー SD
[5:00] 30/35 WMOut 2ヘリ
[5:30] 2WMがPの坂上に進入; 2ヘリで止めて30/43 2nd Raxを1stに移動
[6:30] 2ヘリOut; 38/43 3Rax リアクターテック[Rax]
 ※4ヘリの後に3Rax
[7:00] 4ヘリOut
[7:30] 6ヘリOut ; 2バンカー Stim[7:30-10:20] マロ生産開始
[7:45] 6ヘリオンでハラス; 6ヘリで止めてFacを1stに戻す
以降3Rax Ebay SPの形に持っていく

Alicia
13GW 15 2gas CC
WG [3:45] 2nd 21MSC 23Stalker
[5:15] 32/44 2Forge 2WM見て2St
1Cannon1st [6:40] Robo 1ArmorUp
 ※Roboが遅いのでObsが遅れ、坂上WMを排除できなかった
以降MSCでハラスに行くが内政ダメージが大きすぎる

■後半の展開について
・3Rax SP 9:00-10:00 2Mediドロップ
[6:30] 3Raxの後にSP
[7:20] リアクター建設[SP] テック建設[2Rax]
[8:10] 2Medi
[8:52] 2MediOut;MMドロップへ
以降状況に応じて3rd 2Ebay、2Ebay 5Raxなど


■プロトスのラッシュやProxy対策について

・対Proxyオラクル着弾の時間帯
[3:30-4:30] SG建設

[5:30] 2WM着弾;オラクルOut;着弾
[6:10] 2ndオラクル着弾
※3:00のSG建設なら30秒早まるが、対応の仕方は変わらない


・基本的にWMハラス時の2ndを見て判断する
[5:30] WMでNo2nd=資源を別の場所に使っている可能性が高い
→可能ならこの時点でOracle警戒でSPまたはEbayの建設を始める
・オラクルを見てからの対応
→2ndキャンセル、キャンセルしたSCVまたは偵察のSCVで見えない位置にEbayまたはSPを建設、1stSCVを遠くに逃がす or P陣地にオールイン

・オラクルの対策にはEbayとSPの2種類がある
1:(Ebay)オラクルのENが切れた頃[6:00]にSCV戻し、2-3タレットを本陣に建設
→これだと相手がENを温存したり、2ndオラクルがやってくるとタレットが建てられない可能性がある
2:SP建設 VK生産
→Ebayタレット(65Sec)に比べて92Secかかるが、出てしまえばオラクルをシャットアウトでき、攻めにも使える、Phoenixにはリペアで対応
個人的にはVKを用意したほうが良いと思う

2013年5月13日月曜日

Season 0 マスターリーグ Day1感想

Season0 マスターリーグ Day1(リーグページ内にリプレイあり)

昨日5/12 21:00~ JCGのマスターリーグが開催され、
自分は4人リーグ内で

2-0 Haruno
2-1 Urayama
1-2 Albion

という結果でした。最後Albionさんに負けたのが悔しいですが、それでも一本取れましたので次につなげていきたいと思います。

以下に簡単に負けたゲームの感想を書いてみたいと思います。

2013年5月11日土曜日

チーム加入

Infi, Comm and Ash join Vici Gaming
Infi、Comm,Ashという3人の中国人プレイヤーですが、今年の初めにWayiSpider(の中国人部門)とTylooのRTS部門が解散になったことでチームレスとなっていたそうです。それを中国のViciGamingが拾った形になったとのこと。

個人的にはWarcraft3のInfiにやはり思い入れが強いので今後の活躍が気になりますね。


Idra leaves Evil Genius
3年続いたIdraとEGの関係がIdraのコミュニティに対するバッドマナーにより終結。これからIdraどうするんだろう。有名人なので別のチームから声がかかるとは思うけれども、こういう形でチームを抜けるのは印象よくないからなあ。

2013年5月9日木曜日

Mutaliskのliquidpediaの記事

Mutalisk (HotS)
Liquidpediaのユニット記事。基本的なことなんだけど知っておくと便利なことがまとめられている。Zergを使い始めたばかりでよくわからないことが多いので色々とお世話になりそう。

・Mutaliskは加速が遅いので、ハラス中は常に移動を続けることで逃げる際の移動が早くなる。
・移動しながら攻撃する際、アタックムーブで地面をクリックすると移動から攻撃の間に速度が低下してしまうが、直接ターゲットを指定すると速度を維持したまま攻撃できる。
・Muta vs Mutaではバウンスダメージを減らすためにアーマーアップの方が効果的。アタックアップグレードでは3回分の1,0.33,0.11しか増えないが、アーマーアップは3回分すべてのダメージを-1する。
・Muta vs Corruptorではアタックは16%のダメージ増加、アーマーは7%のダメージ低下となりアタックの方が効果的である。

単なるMutaHarassでも操作の奥が深いのがよくわかる。

2013年5月8日水曜日

Go)Space Passed Away

Warcraft3 pro Go)Space passes away(TL記事)
Undead with Charisma(Fnaticのマネージャーによるコメント)

Warcraft3プレイヤーのGo)Spaceが他界…。
どういうプレイヤーだったのか簡単に説明すると
・11歳から筋肉の病気をかかえていて、身体を自由に動かすことができない
・グルーピングのユニット登録もうまくできなかった
・大会会場でも車椅子でプレイ
・にもかかわらずMoon、Grubby、Lynといった世界最高峰のプレイヤーと互角に渡り合う実力を持っていた

何度もリプレイなどでプレイを見ていたけど、とてもそんな障害を持っているとは思えないようなユニットコントロールを見せていたので、本人の画像を見たとは衝撃が走ったものでした。
生前のインタビュー。個人的にもWarcraft3の記憶が思い出されてこみ上げてくるものがあった。


"My dream is neither not to become a pro-player nor be healthy. But I hope to be the best player in WC3 which is the only thing I can do now to make my family proud."
"僕の夢はプロプレイヤーになることでも健康になることでもありません。ただ家族が誇れる唯一のことであるWarcraft3で最高のプレイヤーになりたいです。"


"I know there is no cure for me and I do not believe in miracles. I just want to play this game for fun by doing my best and become an undefeatable player and a strong son for my mom" he says."自分には治療の術がないことはわかっています。ただ自分はWarcraft3を楽しくベストを尽くして、すばらしいプレイヤー、そして母にとって強い息子になりたいと思うだけです。"

2013年5月3日金曜日

DRTCM38ベースのカスタムマウス作り(4) nemuke用のカスタムマウスが完成しました

本日nemuke用のカスタムマウスが到着しました!今までの記事はカスタムマウスのカテゴリにまとめていますので、こちらも参考にどうぞ。


カラーリングは全体をラバーコーティングと艶消しブラック、飾り板を艶有りブラック、ロゴをシルバーとしていただきました。黒系のデバイスで固めているのでとても良い感じです:)


形状面は前回の記事に詳しく書いていますが、
・マウス背面の手の平をつける部分の盛り上げ
・マウス左側面の親指をつける部分の盛り上げ

の2点を要望していました。写真だとちょっとわかりにくいですが、実際触ってみると盛り上がった部分が手の平にしっかりとフィットする感じです。

今まで使っていたDRTCM38との比較、親指を当てる部分とマウス背面が大型化しています
ダーマポイントさんにはこれまで形状面での何回もの試行錯誤、カラーリングの要望など、大変な作業だったことと思います。また試行錯誤の過程で、自分のマウスに対する理解も深めることができました。
こちらのマウスは「世界に1つしかないnemukeマウス」として、大切に使わせていただきたいと思います。ありがとうございました。

2013年5月1日水曜日

Hack vs Effort

challenger league Hack vs Effort (リンクまちがってたのを修正)

気分転換に今日実況した試合。1戦目は特筆することもなくHackが死んでいたんだけど、3戦目の展開が神がかっていた。Mutaling vs ヘルバットMM。Bane相手でも散開がんばれば相殺に持ち込めるのは知らなかった。30分ゲーなので面倒だったら最後5分ぐらいでも見ればいいと思う、まさに一瞬の暗転。