2013年1月29日火曜日

mTw shuts down

mTw shuts down
SupernovaもDIMAGAも抜けたmTwがついに解散。15年も続いていたのか…。

Gumiho vs Bomber WW game1
おたがいにFEでGumihoは2ガスヘリオン、Bomberは3rd3Rax2Ebay。FE相手のクロークバンシーは時間稼ぎに使えるのとBomberが3rd回すのがかなり遅いので内政差は生まれていない。ただ12分MMのプッシュにダメージを受けてそのままずるずる。メックは早いところタンクを作って守りを固めたいんだけど、そうすると3rd確保とドロップ対応が同時にできない。だからマスヘリバンシーという機動性の高い編成で3rdまでごまかす。しかしヘリオンがそんなに強くないからこういう単純なプッシュにダメージを受けて死ぬことがよくある。
それと後半WWみたいに各ベースの距離が離れてるマップだと3箇所同時のマルチが強いと思った。

Gumiho vs Bomber CK game2
Fastガスバンシー vs 13ガスリアクターへリオン。13ガスだとバンシーハラスにVKが間に合うのと、バンシー側が2ndに行くとリアクターヘリオンとVKの量が勝るので内政も圧迫できる。完全にBomberが相性勝ちする形となった。

最近は体調悪いときが多くてCom戦でプロのやってるオーダーをなぞるようにしてる。どの道Ladderできないときはこういうのやるしかないし1つのオーダーに対する内政の理解は進むので意味はあるはず。







2013年1月27日日曜日

Cage Fight

Cage Fight
1/28 21:00~ スロベニアのクラン主催のショウマッチに出ます。2時間内でできる限りゲームをやる企画らしい。がんばります。

GSL Bomber vs Sniper
1gas3rd青ヘリ vs 5queen3rd。
青ヘリハラスはSniperが後半対応まちがえてちょっと被害出たけど投資分の資源回収できた程度。Bomberが4thを10分ぐらいに建てるオーダーに行っていたのが印象的、Hive前にプッシュは入れるけど潰された後も4thを確保していればZが5thまで拡張するまで戦い続けられる。ここからマスドロップ入れる展開に持っていってZのドローンを増やさせない。ウルトラだとBLと違い消耗戦するしかなくてTのドロップで内政削れるのが痛いみたいな展開になっていた。
Tの戦術は3rdまで固めてプッシュする流れが長く主流だったけど、このゲームからは3rdじゃ勝てなくなってきたから4thに行こう的な考えを感じる。

2013年1月26日土曜日

ニュース類

This week in Starcraft2 Jan 19-25
TLのニュースまとめ。色々チェックしなくても一発でわかるので便利。特にMatchで評価が高いゲームは色々面白いことが多い。この前のBomber vs Sniper CODESの試合が99%になってるので後で見よう。

Morrow joins western wolves
Westernwolvesってどこだろうと思ったらSortofとかStingが入ってる2012年3月16日発足のチームらしい。

HotSリプレイ同時観戦機能追加
これは楽しみ。色々みんなで考察できたらいいですね。

2013年1月25日金曜日

First vs Dream CK

Streamのデバイスが古すぎたので一新した。最近配信やってないなあ・・・。

PonyTales7
TLがやってるゲーム総合E-magazineの最新号がリリースされた。見た感じ家庭用ゲームの記事が多い。なんかTLはスタクラというよりゲーム全般の総合サイトになりつつある気がするけどどうなんだろう。規模が小さいからE-sports全体で盛り上がっていかないといけない空気は感じる。

IEM Katowice

First vs Dream CK
Colo2Forge vs 1RaxFE3Rax3rd。ゲーム自体はDreamの本陣ドロップのときに決まった感じ。2Forgeは軍量出せないから一度崩れるとずっと3rd取れなくて終わってしまう。CKはそんなに守りにくいマップではないんだけども。
後2ガス見てEbayでブロックしたのも上手かった。30秒ぐらい2ndが遅れる計算になる。ただBlinkerやImosenの可能性が消えないからスキャン入れるかXelnagaを取ってProxyの偵察をきっちりしないといけない。

Pylonの配置とか
1:Nex前
2:Nex後
3:1stの丘上(ワープイン用)
4:1stの横
5:1stの後(Tech建設用)
6:2nd前(ワープイン用)
7-8:2nd後
要するに視界を取るようにばらけて建てておけという感じ。Pはワープイン位置に影響するのでTのSDよりもばらけて建てる必要がある。


GSL Sniper vs Huk (Match1-3)

Game1
3:15-4:35のLaiUpからスパインラッシュ。Hukは封鎖をずらして対応したけど6:40のBaneで2PC割られてgg。封鎖は投資が重いかつ戦力にならないから放棄してPCをミネラル裏に建てれば良いように見えたけどどうなんだろう。Baneを狙うマイクロは必要そうですが。

Game2
7:00建設の8GWなのに回っているのは7GWだけ、44でサプライブロックという糞ラッシュだったけどFFでRoachをうまく削り取って押し切ってしまった。なんというか1UP入れたZealotが強い。SniperはZealot重い編成に対してlingを作りすぎた印象。


2013年1月24日木曜日

OL配置例

Competiton Maps
Liquipedia内の一部のマップ記事にはApoloによるOL配置例の画像があってOLの配置を覚えるときに便利。

vsPの基本的なOL配置の順番としては
1:P2nd前
2:P1st前
3:P3rd前
4-7:ProxyPylon警戒
という形になる。もっともProxy警戒でHat前にしたりするのもあるようだけど。

Socke vs First CK(IEM KAtowice)
8Proxy2GWの返し方。FirstはCC後偵察を出すオーダー。
丘上Pylonで見えた瞬間にGWのPylon増設、ガス止めてProbe動員して2Zealotを返す。
Stalker出たら余っているZealotで相手陣地を殴りにいく。
2Stalkerが死なず、Zealotを潰せれば勝ち。
Sockeは偵察でばれるのを恐れたのかProxyの位置が控え目すぎる気がした、内陣で2Zealot見てから対応だと死んでそう。




2013年1月23日水曜日

JD vs Yonghwa

S1 Code S 2013 will be available via Twitch
GSLのCodeSがTwichでも見られるように。といっても無料ではなくチケット購入は必要みたい。
サーバーが増えるから負担軽減になって見やすくなるのかな?

GSL JD vs Yonghwa Match8
即3rdMuta vs SGImosen。
PつかっててvsZのMutaがよくわからなかったのでZergを始めた。若干遠回りのように見えてもこういう風にしか学べないことはこのゲーム多いと思う。
Yonghwa自体はなんかこの日ボロボロっぽいけどMutaの勝ち方として参考になる。
Mutaの対Imosenとしては
1:Imosenの進軍見えた瞬間に守れるベースにマススパイン
2:11分半に出るMutaとling20-30でImosen無視してクロスカウンター
3:Imosenがベース割ってる間にPのNexusを割る
4:Pがマススパイン+Mutaを潰せなければZ勝利
基本はこんな感じだと思う、追加はMutaだけとかNexus割れないと本陣戻られて内政の伸ばし合いで結局割れるとかもあるっぽいけど。

2013年1月22日火曜日

IEMリプレイパック

IEM Katowice replaypack
IEMが終了して決勝のリプレイがアップされてる。優勝したPのFirstがvsT、vsP、vsZすべてのマッチアップのリプレイがあるのでしばらくはFirstをPの参考にしよう。

First vs Dream Antiga
1GWFEvs1RaxFE。3GWPush入れるけど対応される。Dreamは2baseで5Rax2SPまで伸ばすというヘビーなオーダー。Firstは1コロ見せてから9GWZealotアルコンプッシュ。本来だったらMMとVKが揃ってテランが攻める展開だけど、どういうわけか普通にFirstが押し切ってしまう。VK投資分が多すぎで、かつ3rd建設中の一番弱いタイミングを狙われた形か。

Parting vs Dream Ohana
Tの坂上封鎖を見てRobo2GW2ndから、8:30~9:00に着弾する2Base4Sen2Imoプッシュ。Xel取ってないのにバンカー1個のDreamが甘えすぎた形に見えるけどびっくりするぐらいフルボッコだった。

GSL First vs LosirA Bershir (match1)
使ってるPのSGオーダー後半の動き方がよくわからなかったので見直した。5Phoenixが刺さりまくっている。LosirAのLairが遅いせいかVoidを出していた。このマップの3rdは取りにくい気がするけど10分より遅いと逆に取れない形になるのかな。

RotterdaM Grilled Interview

WC3でGrubbyに次ぐOrcプレイヤーだったRotterdaMのインタビュー。今はキャスターとして活躍中。キャスターはどのぐらいゲームを理解しているか、という質問に対し大量に練習をしているけどプレイヤーにはとても及ばないよ、といった答えが出てた。
英語として、Naniwaをアニメポケモンのサトシに例えているのが面白かった。EUだと情熱の代名詞みたいな存在なんだろうか。




2013年1月21日月曜日

DRTCM38ベースのカスタムマウス作り

DHARMA POINT
今日はDRTCM37,38レビューの際にお世話になったダーマポイントさんと、自分用のカスタムマウス作成のご相談に伺ってきました。

以前からカスタムマウス作成のお話はいただいていて、DRTCM38をベースに、各プレイヤーに合わせたマウスを作ってみたいとのことでした。
どういう風に自分の意向を反映させていただくのかな、企画書作りのように紙面ベースで進めさせていただくのかな、と思っていたのですが実際は

マウスに直接パテを盛る

というきわめて明快な方法で衝撃を受けました。曰く原始的な方法ながらもっとも感覚が分かりやすいとのこと。自分がDRTCM38をベースに要望したのは以下の3点。

・マウス後部のモールド増量
・親指位置のモールド増量
・左右クリックのストローク・硬さの均等化


以前使っていたImperatorと比較してDRTCM38で気になる点をピックアップしていきました。自分は手の平と親指でしっかりホールドする持ち方が好みなので、全体的に大型化していきました。
カラーリングや文字の印刷も要望に応じて行っていただけるとのことですので、とっておきのnemukeマウスにしたいと思います。




ダーマポイントさんとしては「野球選手のバットのように、個人に合わせて調整するマウス作り」を目指しているとのことで、今回はその第一歩としてカスタムマウス作りを企画されたそうです。
今ではマウスというのは製品を購入してプレイヤーがそれに合わせることできませんか、今後調整ノウハウが発展していくと、マウスに対する価値観を一変させることになりそうですね。

おそらく世界的に見てもこのような試みをされているメーカーさんは無いと思いますので、自分がこうした貴重な機会をいただいてとてもうれしく思います。

デジカメを用意してなかったので写真は撮れなかったのですが、次の機会には作成時の写真も含めブログでお伝えできればと思います。

2013年1月20日日曜日

IEM Katowice ReplayPack 
IEMのグループ~プレイオフまでのリプレイがアップされてる。SC2は見るなら試合実況動画か配信というのが主流になってきた感はあるけどリプレイだと細かい部分が見られるのはやはり便利。
Kas vs Lucifronの3戦をチェックした。1,2戦は即3rdを殺せず、3戦目はProxySPに対応できずggという感じ。ざっと見た程度ではオーダーだけで勝敗が決まってる気がする。TvTはよくわからない。

GSL Fantasy vs Finale Antiga Shipyard
TvPの動き方を忘れていたので3RaxSPの参考ゲーム。
ゲーム自体はFinaleが欲張ったオーダーしてて軍量厚めのPushが刺さっていた。
序盤のマリーンとProbeの動き方が結構面白かったのでメモ。

6~8分のマリーンの動き方を順にすると
1:5マリーン[5:25]でXelを迂回してP2nd前に移動
2:[6:00]にSCVでP陣地前を偵察、Pユニットがいるのを見て引き返す
3:引き返す際にXelnaga確保、この一連の動きで6GWの可能性を割と潰している*
4:[7:00~8:00]T3rdのProxy警戒とXelnaga確保
Finaleは迂回Pushの対策として6分にProbeを送り、マリーンの数が少なかったら軍を2nd前に集めている。AntigaのようにXelを迂回できるマップだとこういう配慮が必要になりそう。

しかしPの2nd見てないのにNoバンカーなんですがこれはもう人読みで4GWきたら諦めってことでいいんでしょうか。

*
ProxyPylonは建てられてもユニットをP陣地前に釘付けにできている


GSLMC vs Yonghwa (Match15)

プレイヤー変わってからマッチごとのリンクができてないの知らなかった。
Imoドロップ vs Imoドロップの参考ゲーム。MCは5GW、YonghwaはBlinkに行っていた。WPハラスでは建物よりもプローブを狙う。2Imoでちょうど一撃。MCがYonghwaの2Imoを落としたので軍量に差gがついて一方的に潰す展開になった。

2013年1月19日土曜日

GSL MC vs Vampire Bershir

The StC joins CompLexity
ゲーミングハウス終了で縮小傾向かと思われたcompLexityがStCを加入、韓国Tを補充する形に。

GSL MC vs Vampire Bershir
PvPの対キャノンラッシュの参考ゲーム。VampireはNOScoutで3:30にZealotが出るオーダーだけどそれでも返せている。
Vampireの動きとしては
・CC、GWはキャノンに対して後方に建てる
・見えた瞬間に2GWにしてStalker生産、Probeの生産を止める
・本陣狙えるPC[3:40-4:20]をProbeZealotで潰す
・4Stalker[6:00]あたりでProbe動員して本陣にたまったPCを潰す

キャノン側の動きとしして
1:[3:00]坂下PCcomp
2:[3:00-3:40] 坂下
3:[3:40-4:20] 本陣狙えるPC*3
という風に段階があり、本陣狙えるPCをStalkerの数がたまるまで阻止するのがポイントの一つとなる。Vampireはそこを4分のZealotProbe、6:00のStalker+Probeでうまく時間を稼いでいた感じ。
妨害せずにPCの建設を続けられてしまうとStalkerだけでは対処できない数になってしまうので一度PCを潰すのがやはり必要となる。

2013年1月18日金曜日

GSL Grubby vs First WW

GSL Grubby vs First WW
PvPの参考にGrubbyがどんなことをしているか気になったので見てみた。ZealotSentryからSG3GWでPhoenixZealotプッシュしていた。Sentry2ndのFirstに9分で負けていた。
即2nd側の立ち回りとしては
・偵察のタイミング。初期Probeと5:00の2ndチェックに2回入れる。Xelnagaを取っておく。後はObserverで判断する。
・プッシュがきたらProbeの生産を止める。状況次第だがStalkerを回す。

GSL Yoda vs MC AC
ガススタート vs Blinkの参考ゲーム。
Yodaはガススタートを見せてから坂上OC、ヘリオンでBlinkを確認して1stバンカー2個、2ndバンカー1個。割と軍も出ているオーダーだと思うけどバンカー建てるってことはMMの量が揃うまでにBlinkerで削られるのを相当警戒しているっぽい。
MMが揃ったら正面衝突では勝てるけどカウンターで陣地入られると苦しいので2ndを固めることを意識して展開してる。

Lucifron vs Monster
ヘリオンバンシー vs 即LairMutaDoublelingオールイン。Lucifronは事前に3-4バンカーを建てて返していた。オーダーは3rd 2Ebay 5Rax タンクシージの後にバンカーを建てる感じ。
バンカーを建てる判断基準としては
・3rdが無い(即Lair)
・Masslingでマップを取られている
が主なポイントで、要するに相手がオールインっぽいから安全に3バンカー建てておこう的な感覚だと思う。




2013年1月17日木曜日

IPL結果

IPLのトーナメントは1戦目のTSLCenterが不戦勝で2戦目のIMByulにぼこぼこにされた。1戦目は11ローチで即3rdヘリオンバンシーに、2戦目は即LairMutaでマロヘリ行ってたら死んだ。

次はKorean Satelliteで2/7午後2時開始。
http://form.jotformpro.com/form/30076595314959

どうでもいいんだけどLiquipediaトップのDimagaさんの笑顔がまぶしすぎる。

2013年1月16日水曜日

Gumiho配信

http://ja.twitch.tv/fxogumiho/b/357082516
最近Tの勉強にはGumihoの配信録画を見てる。
特徴としては
・無駄な操作が少なく見やすい
・マルチタスクが上手い
・日によって傾向はあるがオーダーの幅が広い
一方でLadderのためリスクの高いオーダー、遊びオーダーも割と多いけど、大胆なオーダー変化の仕方はそれはそれで勉強になる。

http://challonge.com/IPL6KRRegional
昨日紹介したIPL6のKoreanBracketが公開されてる。16日と書いたけどUS時間だったので明日の午後2時からっぽい。自分の相手はClassicPrime。PSIArcさんもSTSpartaと対戦。プレイヤーが豪華すぎて何か感覚が狂う…。

http://event.cmstorm.com/betacup6/
HotSの台湾オンライントーナメント。英語ルール有り。サインアップは1/18-1/19 23:59まで。出られることには出られるけどHotS全然やってないんだよなあ…。

2013年1月15日火曜日

IPL6 Regionals and Satellites Information

IPL6 Regionals and Satellites Information

誰でも参加できるIPL6のオンライン予選。Koreaは明日の午後2時から。しかし登録欄のIdentifier
がよくわからないので放置している。

Axiom-Acer in GSTL/signs Heart and Alicia
Aliciaなつかしい!昔の1軍で固めたみたいなチームになってる。

加湿器特集
最近乾燥して目が痛くなってるので真剣に加湿器の購入考えた方がいいかもしれない。4つもタイプがあるとは知らなかった。

Squirtle Leaves Startale


Squirtle Leaves Startale
Partingに続いてSquirtleもST抜けるとか。一気にSTのプロトスラインが減少する事態に。

Wings of Liberty: Situation Report 1/11/13
・AntigaとEntombのスパウンポイントが大会に合わせて変更。Antigaは対角Only、Entombは縦と対角のみに。今まで変えなかった理由は「出ない配置があると初心者が混乱するため」で、今は十分知れ渡っているからいいだろうとのこと。それにしても遅すぎる気がする…。
・HotSではラダーマップ変更と大会マップとの互換性をWoLより多い頻度で行う予定らしい。
・InfesterのInfestedterranがアップグレードの影響を受けないように修正する予定。その部分のみを修正したAntigaのテストマップが用意されている。

Code S Groups Announced
今シーズンのCODESGroupが公開されている。プロトスが5人しかいない…。

New maps announced:
Whirlwind SE
이카루스 (Icarus?)
Akilon Flats
KeSPA Neo Planet S
Bel'Shir Vestige SE

Returning:
Cloud Kingdom
Daybreak

KeSPAからの新マップ追加が気になるところ。


2013年1月13日日曜日

Taiwan Clan Tournament

Taiwan Clan Tournament
Rushも参加しているTaiwanのクラントーナメントの表がアップされた。TWはこういう小さな大会や交流戦が活発でうれしい。
大会期間は01/19、01/20、01/26、01/27、02/02、02/03、02/23、02/24の日本時間8時~でBO3の1v1*4+1。自分も出られたら出てみようと思う。

compLexity gaming house closes
GanZi入っていたcoLのゲーミングハウスが終了。coL創設者的には韓国プレイヤーの宿泊施設的な使われ方も期待していたらしい。たとえば一時的にアメリカの大会にきていた韓国プレイヤーが、10日後にまたアメリカの大会があるとして、韓国に戻るのではなくゲーミングハウスに宿泊する、といった使い方。チームは解散してないっぽいけど活動は収縮傾向になりそう。


2013年1月12日土曜日

PartinG to join KeSPA team

Parting to join KeSPA Team

絶好調にもかかわらず突然StarTaleを抜けたことで、どこに行くのか注目されていたPartingは新しく作られるKeSPAの11番目のチームに入るみたい。

Heroの配信録画。Tに飽きてPを始めたので参考にしてる。ただ当たる相手が弱い気がする…。

台湾のPvT 対1RaxFEの即3rd 8GWRushガイド。画像とリプレイ付きでわかりやすい。簡単に訳してみた。

   1:正常流程:9人口BE→13人口BG→14人口BA→16人口BE→18人口BY,生1隻狂戰,22人口下2礦。
   2:升空門+1隻追獵→24人口BE,加速1次空門,32人口下3礦。
   3:加速星核至38人口→補2BG→42人口BA(共2BA)→53人口補5BG(共8BG)。

   ※BG位置最好分開,避免T雷達偵查。


   4:哨衛至少6隻,隔立場+開護盾很重要。


   5:刷兵以追獵+狂戰為主,瓦斯不需要很多,所以2礦採單瓦就好
   之後狂刷兵就對,有加速可丟丟BG,刷兵速度也快,最快8分半出門


1:基本オーダー:9Pylon 13GW 14ガス 16Pylon 18Core 1Zealot, 22Nexus 
2:WG,1Stalker→24Pylon,1CBonWG,32Nexus
3:サプライ38までNexusCB→2GW追加→42ガス→53で5GW追加(全部で8GW)
※GW位置は散開推奨、Tのスキャン回避のため
4:Sentryは少なくとも6体、FFとGSが重要
5:追加の生産は主にStalkerとZealot、ガスはそんなに必要でないので2ガスで十分
その後はCBをGWにかけ続けて生産速度を増し、最速で8:30に前に出る

《例52》MKP首戰鐵頭失利,蟲王帶領橘子熊奪下三連勝
SaseがGamabearsに移籍したことで記憶に新しいTeSLですがなんとMKPがTTApoloの選手として出てます。どのぐらいの期間なんでしょうか。サイトにはSenとの試合等の動画がある。個人的には中国語の実況が意味はわからないんだけど音になじみができてて面白かった。

2013年1月11日金曜日

Millenium's Numericable M-House Cup Releases a Replay Pack


Millenium's Numericable M-House Cup Releases a Replay Pack

12/16のMCupのReplaypackが出てる。ちょっと古いけどMC、MKP、Stephanoあたりが出てるので参考になるかも。以下MC vs MKPの感想。

MC vs MKP Ohana
15ガスで2nd取りながらマロで前に出るオーダー。内政は15ガスリアクター2ndに似ている。時間帯と軍量を見れば13ガスでないのはわかるはずだけどメジャーな戦術ではないので騙せるかも。
しかし対ガスオーダーを警戒してRoboに行っていたMCが1BaseImoプッシュして終わる。1BaseImoは軍量が厚いはずの1RaxFEでも2nd前で守るのしんどいからなあ。

MC vs MKP Entombed Valley
縦配置でFE3Rax3rd vs コロッサス7GWPush。VKが揃う前にProbeを48で止めてマスStalkerで殺しにかかるオーダー。MKPはコロッサス見てVKとバンカーを追加し、3rdを浮かせてリペアで守っていた。VKでコロッサス処理できるようになるとTの被害が若干多くてもカウンターで殺せる。

MC vs MKP Metropolis
リアクターヘリオン4体ドロップからクロークバンシー。MCは対ガスオーダーの2gas2ndRobo3GWに行くけどMCがクロークバンシーの可能性を無視して前に出ていたことでダメージが増えてしまった。T側はPが1Baseか2ndかで対応が大きく変わるから焦るんだけどうまくハラスがきまるとeasywinできる。

MC vs MKP Antigashipyard
MKPのNoScout即3rdに対して2Stalkerでプレッシャーかけながら2ndを取って3GWPush。
Roboがなければ8:20に6Sentry3Stalker4Zealotが揃う。Roboは200/100だから約ZealotSentry分か。MKPはそりゃ偵察してなかったら死にますよという感じで死んでいた。

MC vs MKP Cloud Kingdom
MKPがめずらしく丁寧にSCVでPの2ndを偵察している。MM厚めの即3rdに対しMCはPhoenixハラス。削ることには削ったもののカウンターのMMプッシュが炸裂して被害が同じになる。こうなると3rd分+Phoenix投資分でT有利になる。この展開は対DT戦と同じですね。2BaseTには内政が負けないけど即3rdは内政差つきすぎてきつい。ゲーム自体はMMPush入れたところで決まっていたけど後半MMの散開もきれいだった。

人読みなのか知らないけどMKPは偵察しないでリスクの高い内政orハラスオーダー取る傾向が強い。立ち回りやMMの操作は参考になるけどオーダーは丸ごと真似しない方がいいと思う。

Liquid`Snute: Because it Just Makes Sense


タイトルがSenseとJenzでかけている…。SnuteはESWCに行った時に知り合ってそのモチベーションと会話力の高さに驚いていたんですが約一年後にLiquid入りするとは。
記事にはリプレイパックも入っているのでザーグプレイヤーは必見。

Liquid`Nazgulのコメント要約
「Snuteは現実的で思慮がありファンを大事にする。Liquidのザーグラインが厚くなってしまうことは分かっているが、それを踏まえてもSnuteはすばらしいプレイヤーだ。シンガポールで開かれるIEMがLiquidとしての最初の大会になる。それ以外にもトレーニングために韓国に送ることも考えている。Liquid Snuteの2013年の活躍に期待してほしい。」